LIFESTYLE
ナオミ・クライン『地球が燃えている――気候崩壊から人類を救うグリーン・ニューディールの提言』

ナオミ・クライン氏の新著『地球が燃えている』発売 「グリーン・ニューディール」を提言 

国際ジャーナリスト、ナオミ・クライン氏の新著『地球が燃えている』が11月16日に日本でも刊行される。気候問題の打開策として彼女が提言する「グリーン・ニューディール」の実現可能性とは?

2020.11.11

ナオミ・クライン氏が警鐘を鳴らす 気候変動問題による人類の危機

本

国際ジャーナリスト、ナオミ・クライン氏の新著『地球が燃えている――気候崩壊から人類を救うグリーン・ニューディールの提言』が11月16日に日本でも刊行される。

彼女がこの10年、もっとも重視してきたのが気候変動問題だ。

産業革命以降、化石燃料の大量消費により、地球大気は約1℃上昇し、このままでは今世紀中に3~4℃の上昇を招くといわれている。

そして、その影響は、毎年のように発生する巨大台風や水害を通じて我々にも実感できるレベルになり、世界中で砂漠化や海面上昇、熱波や大規模な森林火災などが多発している。

「地球が燃えている」では、気候変動がこのまま進行すれば人類存続の危機が訪れると警鐘を鳴らしている。また、この危機に対して国際社会がどのような行動をとり、またとれなかったのか、その根本原因を追究している。

気候崩壊から人類を救う「グリーン・ニューディール」

こうした危機の打開策として、彼女が提唱するのが「グリーン・ニューディール」だ。

これは、1930年代、大恐慌から脱却するため米国でとられたニューディール政策をモデルにしたもの。

再生可能エネルギーへの大規模な社会的投資や、脱炭素化の達成など、持続可能社会の基盤となる産業・雇用・インフラ・教育から芸術活動まで含めた変革のビジョンを示している。

12月1日には、彼女を招いたオンラインシンポジウムの開催が決定している。「米国大統領選挙後の世界と気候危機の処方箋」をテーマに、気候危機への対応などについてインタビューが行われる。詳細はこちらから。

大月書店

地球が燃えている 気候崩壊から人類を救うグリーン・ニューディールの提言

2,600円

※2020.11.11現在の価格です。

お問い合わせ先/大月書店
http://www.otsukishoten.co.jp/
※掲載している情報は、2020年11月11日時点のものです。

Read More

  • コロナ復興の鍵を握る「グリーンリカバリー」の考え方 経済成長とサステナビリティ両立のヒントとは

Latest Articles

ELEMINIST Recommends

  • 黄えんどう豆100%麺を抽選でプレゼント! 2021年からはじめるプラントベース入門レシピ

    Promotion
  • パタゴニア制作のドキュメンタリー映画『パブリック・トラスト』オンライン上映会開催 

  • ガーナの人々の現実を伝えるアートギャラリー「MAGO GALLERY KURASHIKI」オープン

  • 気候変動から差別問題まで ゼロから学べるNetflixのドキュメンタリー映画5選

  • 気候危機にまつわるコラムやインタビュー・論文を収録 機関紙「開発教育」最新号

  • 雑誌「HONEY」監修のCDシリーズ最新作 エシカルライフをテーマに特別仕様で発売

  • 専門家によるメンタリング瞑想アプリ「RussellME」に大沢伸一が楽曲を提供

  • 長坂真護の常設ギャラリー「MAGO GALLERY GINZA」がオープン ガーナのスラム街の電子ごみを利用