コーヒーがインドネシアの貧困農家への支援に シュアコがクラウドファンディングを実施

気候変動の影響で農作物が取れなくなってしまったインドネシアの貧困農家を支援するため「su-re.co(シュアコ)」と「Living in Peace(リビング・イン・ピース)」が11月29日までクラウドファンディングを行っている。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.11.04

インドネシアの貧困農家を支援 シュアコがクラウドファンディングを実施中

ko-hi-

「su-re.co(シュアコ)」と認定NPO法人「Living in Peace(リビング・イン・ピース)」による、インドネシアの貧困農家を支援するためのクラウドファンディングが11月29日まで行われている。

シュアコは、気候変動の影響で農作物が取れなくなってしまったインドネシアの貧困農家を支援するため、国際的サイエンティスト集団として立ち上がった会社だ。

このクラウドファンディングでは、現地農家によってつくられたコーヒー豆/カカオ豆を使用したシュアコのコーヒー、チョコレート、アロマキャンドル、ナチュラルバーなどの製品購入を通じて、インドネシアの貧困農家を支援することができる。

農家の暮らしを持続的にサポート

チョコレート

シュアコは現地農家の収入の安定・向上を図るため、従来の稲作農業よりも気候変動に強い農作物であるコーヒー豆/カカオ豆農業への転換を支援。

農作物を買い取り、製品化して販売しているほか、買取価格の約10倍にあたる資金を農家の生活向上支援に当てている。

そのほかにも、農家が「焚き火による炊事」から安全で清潔なエネルギーである「バイオガスによる炊事」に切り替え可能となるバイオガスキットの導入や、気候変動が農業に及ぼす影響とその対策を学べる気候変動スクールの開講など、さまざまな取り組みを行っている。

お問い合わせ先/su-re.co(シュアコ)
https://su-re.co/japan/

※掲載している情報は、2020年11月4日時点のものです。

Latest Articles

ELEMINIST Recommends