英全土で「車を使わない」キャンペーン開始 参加者の98%が継続の意思

道路を歩く人と自転車で走る人

Photo by Etienne Girardet on Unsplash

イギリス全土で6月、「車を使わないキャンペーン(ゴーイング・カーフリー・チャレンジ)」が始まった。1か月間、できるだけ車を使わず、自転車や徒歩を利用することを呼びかけるものだ。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2024.06.17
FOODS
編集部オリジナル

CO2が発生しない水素焼レストランって?「くらしのサス活」キャンペーンで当たるおいしい賞品

Promotion

1か月間 できるだけ「車を使わない」生活を

「Going Car Free Challenge(ゴーイング・カーフリー・チャレンジ、車を使わないキャンペーン)」は、気候に関連する慈善団体ポッシブルが企画したものだ。名前のとおり、車をできるだけ使わない生活を人々に呼びかけるもので、イギリス全土を対象に6月1日から6月30日まで行われている。この取り組みに賛同してサイトに登録すると、賞品が用意されていて当たる仕組みだ。

参加したら、車を使えないわけではなく、車以外の移動方法があるときに車ではない選択肢を考えようという内容。無理をせず、できる範囲で車ではない移動方法を体験しようというものだ。

ポッシブルでは、6月1日からのキャンペーン開始ですでに何百人もの人が登録を行ったことを明かしている。

参加者の98%が「ずっと車を使わないようにする」と回答

同団体では、このキャンペーンをこれまでも実施してきた。パイロット試験に参加した1000人のうち98%が、「キャンペーンが終わった後も、車の利用を減らす」と回答したという。

実際にキャンペーンに参加した人からは、次のような感想が寄せられている。

「簡単で、本当に楽しかった。とくに人と会うことが楽しかった」

「それほど難しくなかった。毎日の通勤や移動はそれほど多くないことに気付いたし、以前ほど車を使う必要はまったくない」

キャンペーンの参加を機に、車に頼らない生活が実現可能で、それに新たなメリットを感じている人が多いようだ。また2022年のキャンペーンでは、車を使わないことによって、参加者は平均で週に30ポンド(約6,000円)節約できたそうだ。

生活費を抑えながら、より豊かな日々を送るきっかけになるとあり、「車に頼らない生活」が少しずつ人々の間に浸透していっているのかもしれない。

※掲載している情報は、2024年6月17日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends