「カルビー」一部商品を“チャックなしパッケージ”に 石油由来プラスチック使用量を年間約40トン削減目指す

Jagabee2種のパッケージ

カルビー株式会社が「Jagabee 」や「じゃがりこ」などの食べきりサイズのスタンドパック商品の一部を対象に、チャックのない新包装形態へ6月上旬から順次切り替えていくことを発表した。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2024.06.03
FASHION
編集部オリジナル

一足一足が熱帯雨林の再生につながる 時代を超えて愛されるスニーカー「カリウマ」

Promotion

「カルビー」Jagabee、じゃがりこなどの一部商品を“チャックなしパッケージ”に

チャックなしパッケージ

チャックなしパッケージ(左/Jagabee うすしお味 38g、右/Jagabee バターしょうゆ味 38g)

カルビー株式会社が、食べきりサイズのスタンドパック商品の一部を対象に、チャックのない新包装形態へ6月上旬から順次切り替えていくことを発表した。

この取り組みにより、年間約40トンの石油由来プラスチック使用量削減を見込んでいるという。対象商品としては、お客さまアンケートの結果において、チャックの使用頻度が50%未満だったスタンドパック商品が対象となる。

「Jagabee うすしお味 38g」、「Jagabee バターしょうゆ味 38g」を皮切りに、「miino」「素材がおいしい」「じゃがりこ」ブランドの一部商品において、順次切り替えが予定されている。

カルビー独自の「Let’s ECO」マーク

さらに、環境に配慮した商品であることを消費者にわかりやすく伝えるため、石油由来プラスチック使用量削減に寄与する商品に、カルビー独自の「Let’s ECO」マークが順次掲載されていく。

「Let’s ECO」マーク(「Jagabee」掲載予定デザイン)

「Let’s ECO」マーク(「Jagabee」掲載予定デザイン)

カルビーの「プラスチック資源循環の推進」

カルビーグループは、サステナビリティ経営を行う上での重要課題(マテリアリティ)のひとつに「地球環境への配慮」を掲げ、その一環として、「プラスチックによる環境負荷の低減」を推進している。

プラスチック資源循環の推進目標」のもと、従前より、石油由来のプラスチックを使用した包装容器の削減、環境配慮型素材への切り替えを推進してきたが、今回の取り組みは目標達成に向けた動きを加速させるものだとし「今後もプラスチック資源循環の推進を強化し、循環型社会の実現に貢献していきたい」と、メッセージを発信している。

お問い合わせ先/カルビー株式会社
https://www.calbee.co.jp/

※掲載している情報は、2024年6月3日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends