「スペシャライズド」提供のe-Bikeで届けるオーガニックコーヒー

スペシャライズド・ジャパン合同会社と、バイシクルコーヒー東京は「自転車」を軸にしたサービスビジョンに共鳴し、スペシャライズドが提供するe-Bikeでコーヒーデリバリーを開始することを発表した。超軽量設計自転車で届けられるのは、とっておきのフェアトレードオーガニックコーヒーだ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.08.06

コーヒーデリバリーを軽やかに 「スペシャライズド」提供のe-Bike 

バイシクルコーヒーのデリバリー風景

スペシャライズド・ジャパン合同会社は、バイシクルコーヒー東京にe-Bike「TURBO VADO SL(ターボヴァドエスエル)」を供給することを発表した。

2者は自転車というツールを通じて「人々の生活の質」や「地球環境を改善」するという大きなビジョンで共鳴。バイシクルコーヒー東京では、供給されたe-Bikeでコーヒーデリバリーをしている。

「人の生活」「地球環境」に想いを寄せる異業種がコラボ

デリバリーに使われるe-Bike「TURBO VADO SL」

スペシャライズドは「Innovate or Die(革新か、さもなくば死を)」を社是に、革新的なサイクル用品の開発を行うサイクリングブランド。ライダーの健康や生活の質を、サイクリングを通じて向上させるとともに、地球環境も改善できると信じて活動を続けている。

バイシクルコーヒーは、カリフォルニアのオークランドを拠点としたコーヒーデリバリーを提供する企業。中南米で、美しい自然と、貧困にあえぐコーヒー農家を目の当たりにしたことからスタートした。

有機栽培されたコーヒー豆を、フェアトレードで購入することでコーヒー農家が経済に大きく左右されずに安定すること。自分たちで焙煎した豆を、自転車を使って得意先に届け、自らそのサイクルのなかに参加することをミッションとしている。

コーヒー豆のパッケージには生分解性100%のバイオプラスチックを使用するなど、環境負荷を減らす取り組みも積極的に行なっている企業だ。

超軽量設計のクロスバイク型e-Bike「TURBO VADO SL」は丘陵地である日本、意外と坂が多い東京の移動に活躍してくれる。平均的なe-Bike比べて40%も軽量で、日常生活に溶け込む軽さとデザインが魅力だ。

バイシクルコーヒー 成田氏

バイシクルコーヒー 成田氏

バイシクルコーヒーの成田氏は、以下のようにコメントを寄せている。

「デリバリー効率が上がって仕事がはかどるとともに、走り出し、坂道、逆風などいままで辛い思いをしていたシチュエーションがとても快適になり、サイクリングを楽しむ心の余裕もできました」(一部抜粋)

思いが共鳴するブランド同士のコラボは、相乗効果を生む。こうした取り組みが多くの業界に広がっていけば、さまざまな社会課題の解決にも明るいゴールが見えてくるのではないだろうか。

問い合わせ先/スペシャライズド・ジャパン合同会社
https://www.specialized.com/jp/ja

※掲載している情報は、2020年8月6日時点のものです。

Latest Articles

ELEMINIST Recommends