韓国「犬食禁止法」が成立 動物愛護の観点で高まる声にこたえて

犬

Photo by Brandon Day on Unsplash

韓国で、犬食を禁止する法律が可決された。同国では犬肉を食べる習慣があるが、動物愛護の観点から禁止を求める声があがっていた。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2024.01.11
SOCIETY
学び

イベントや商品の魅力を広げる エシカルインフルエンサーマーケティング

100万匹が殺されている現実

韓国の国会で2024年1月、食用の犬肉を販売することを禁止する法案を可決した。

韓国では、昔から犬肉を食べる習慣があり、スタミナ料理として食されてきた。動物保護団体のヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルによると、同国では年間約100万匹の犬が、食用の目的で工場で飼育され、殺されているという。

だが一方で、犬はペットとしても幅広く親しまれている。現在、韓国でペットとして暮らす犬は600万匹にものぼる。そのため、犬肉を食べる人は一部のみに減り、動物愛護の観点から犬食を禁止する声があがっていた。

ニールセンコリアの調査では、86%の韓国人が「将来的に犬肉を食べない」と答え、犬食禁止を支持した人は57%にのぼっている。

3年間の猶予期間を経て全面廃止へ

今回成立した法律は、6か月後から段階的に施行され、3年間の猶予期間を経て、2027年より人間の消費を目的とした犬の繁殖、屠殺、犬肉の販売が禁止される。違反すると、最高3年の懲役または罰金3,000万ウォン(約328万円)が科される。

また、食用に犬を飼育している業者、屠殺業者、レストランのオーナーなどは、補償を求めることが可能で、すでに農業への移行支援などを行ってきている。

ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルでは、残された犬たちをできる限り多く救出するよう国に働きかけると述べている。

※掲載している情報は、2024年1月11日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends