米カリフォルニア州、おもちゃ売り場に「性別を問わないセクション」の設置を義務化

米カリフォルニア州、おもちゃ売り場に「性別を問わないセクション」の設置を義務化

Photo by Tomáš Petz on Unsplash

米カリフォルニア州では、小売店のおもちゃコーナーに性別を問わないセクションを設けることが義務付けられた。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2024.01.03
EARTH
編集部オリジナル

牛への愛がおいしさになる 未来へつながる酪農のかたち「ピュアナチュール™ オーガニックヨーグルト」

Promotion

子どもに多くの選択肢を

アメリカ、カリフォルニア州にある小売店では、2024年1月からおもちゃ売り場に「ジェンダーニュートラル」なセクションを設けることが求められる。対象となるのは、従業員を500人以上有する小売店だ。

これは、2021年にギャビン・ニューサム州知事が署名した法律が施行されるから。カリフォルニア州では、子どもの性別に依存しないおもちゃが不足していることから、この法律がつくられた。

男の子は自動車やトラックのおもちゃが好きで、女の子は人形で遊ぶのが好きといった傾向はあるが、おもちゃ売り場を性別によって分ける必要はなく、より多くの選択肢を与えることが目的だ。

性別ごとに行われてきたマーケティングにも影響か⁉

おもちゃメーカーでは、1980年代頃から子どもの性別にあわせてマーケティングを開始したという。そして、それぞれの性別にあわせたおもちゃ製品がつくられ、女の子のものはピンク色、男の子のものは青といった区別がされてきた。

しかし、近年はその傾向もなくなりつつあるという。今回の法律は、「女の子は〇〇、男の子は××」といった固定成概念を、子どもや大人に植え付けないためにも、ひとつのステップとなるだろう。

※掲載している情報は、2024年1月3日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends