銀座ロフトでハーブを無農薬栽培 屋上農園「銀座ルーフガーデン」が始動

銀座ロフトは昨年に引き続き、入居する銀座ベルビア館の屋上緑地を使った「銀座ルーフガーデン」を始動した。地上48mの農園では、ファーマーズシップ合同会社協力のもとハーブが無農薬で育てられている。収穫したハーブは、7月毎週日曜日に銀座ロフト内の特設会場で販売している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.07.15
FASHION
編集部オリジナル

今春も続々登場!リサイクル素材「エコペット®」でできた最新ファッション

Promotion

銀座ロフト、無農薬栽培のハーブを「にちようマルシェ」で販売

銀座ルーフガーデンの様子

銀座ロフトは昨年に引き続き、入居している銀座ベルビア館の屋上緑地を利用した「銀座ルーフガーデン」を始動した。地上48mの農園では、ファーマーズシップ合同会社協力のもと、ハーブの無農薬栽培を行なっている。

3月9日に植付けを行い、ロフトスタッフが水やりや除草を実施。7月5日よりハーブの店頭販売を開始した。植付け品種は、イエルバ・ブエナ(ミント)、ローズマリー、フェンネル、クリーピングタイム、ディル、カモミール、レモンバーベナ、チャービル、バジル、イタリアンパセリなど種類豊富だ。

収穫したハーブは、銀座ロフト1階「ロフトフードラボ」で飲料メニューとして提供。そのほか銀座ベルビア館内の飲食テナントや近隣のレストラン、バーへも販売している。

モヒート

ロフトフードラボで提供しているモヒート(650円)。

また、毎週日曜日の「にちようマルシェ」特設コーナーでも販売を行い、銀座の地産地消を目的としている。

にちようマルシェ
日時:7月毎週日曜日 正午〜午後5時(※なくなりしだい終了)
場所:東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館 銀座ロフト1階 特設会場
販売種類:銀座ルーフガーデン栽培の各種ハーブ、無農薬野菜・有機栽培野菜、旬な果物(※ハーブ、野菜の種類は当日の状況により異なる)

問い合わせ先/株式会社ロフト
https://www.loft.co.jp/

※掲載している情報は、2020年7月15日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends