SNS投稿が途上国の学校給食支援になるキャンペーン「#ごちそうさまチャレンジ」

「#ごちそうさまチャレンジ」ロゴ

認定NPO法人国連WFP協会が、SNSを活用した寄付キャンペーン「#ごちそうさまチャレンジ」を10月31日まで実施している。「ごちそうさまポーズ」や食品ロス削減のアイディアを「#ごちそうさまチャレンジで飢餓をなくそう」を付けて投稿することで、途上国の学校給食支援につながる。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.10.04
EARTH
編集部オリジナル

気軽にできるCO2を減らすアイデア 冬に実践したい、特典ももらえる16の「くらしのサス活」

Promotion

「#ごちそうさまチャレンジ」食品ロス削減のアイディアをSNSに投稿すると途上国の学校求償支援に

「#ごちそうさまチャレンジ」ロゴ

横浜市に拠点を置く認定NPO法人国連WFP協会は、SNSで気軽に取り組める寄付キャンペーンとして「#ごちそうさまチャレンジ」を「食料ロスと廃棄に関する啓発の国際デー」である9月29日から10月31日まで実施している。

このキャンペーンは「ごちそうさまポーズ」や食品ロス削減のアイディアを「#ごちそうさまチャレンジで飢餓をなくそう」を付けてSNS(X、Instagram,、Facebook)に投稿すると、1投稿につき学校給食5人分(150円)が寄付されるというもの。

昨年は、過去最高の11万6188件の寄付対象アクションが集まり、29万5680人分の学校給食を届けることができた。

最新の「世界の食料安全保障と栄養の現状(SOFI)」国連報告書によると2022年に飢餓に直面した人は、最大7億8300万人(世界人口の10人に1人)。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行前の2019年から1億人以上増加したことになる。増加の要因は、新型コロナウイルスや度重なる気候危機の影響、ウクライナ戦争を含む各地での紛争の影響と言われている。

一方で、世界では食料生産量の3分の1が捨てられており、日本でも年に約523万トン(令和3年)が食品ロスとなっている。日本人1人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのに近い量であり、この量は国連WFPの2022年の食料支援量480万トンより多い量となっている。

食糧廃棄量の図解

そのような問題を背景に立ち上がった「#ごちそうさまチャレンジ」は、こうした「食品ロス」と「飢餓」という2つの食料問題への関心を促し、さらに食品ロス削減の取り組みを通じて「寄付」ができるSNSキャンペーンだ。

世界食料デー月間、また食品ロス削減月間である10月に、身近でできることから食品ロス削減に取り組み、途上国の子どもたちへの学校給食支援の輪を広げることを目指している。

国連WFP

飢餓をゼロにすることを使命に活動する国連唯一の食料支援機関。災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、120以上の国と地域を拠点に活動しており、2020年にはノーベル平和賞を受賞した。

認定NPO法人 国連WFP協会

国連WFPの日本における公式支援窓口。募金活動のほか、企業・団体との連携、広報を通じて、日本における支援の輪を広げている。

「#ごちそうさまチャレンジ」参加方法

投稿で寄付

投稿イメージ

ごちそうさまポーズや食品ロス削減の取り組みを、指定ハッシュタグ「#ごちそうさまチャレンジで飢餓をなくそう」を付けてSNSに投稿すると、1投稿につき学校給食5人分(150円)が、協力企業・団体28社(以下に記載)の協力により国連WFPの「学校給食支援」に寄付される。

※寄付は、協力企業からの寄付金の合計が上限。

拡散で寄付

キャンペーンアンバサダー(下記参照)の投稿を拡散(リツイート、シェア、リポスト)すると、1拡散につき学校給食3人分(90円)の寄付となる。

※リポストする際は投稿文に指定ハッシュタグ「#ごちそうさまチャレンジで飢餓をなくそう」を付ける。
※寄付は、協力企業からの寄付金の合計が上限。

▼キャンペーンアンバサダー

キャンペーンアンバサダー

国連WFP親善大使の杏をはじめ、国連WFPサポーターのEXILE ÜSA、 料理研究家のリュウジ、また、今年はマリウス葉が初参加。

杏/EXILE ÜSA/近藤しづか/白ごはん.co 冨田ただすけ/高橋メアリージュン/はらぺこグリズリー/フォーリンデブはっしー/ふなっしー/マリウス葉/むにぐるめ/山本ゆり/リュウジ(五十音順 敬称略)

#ごちそうさまチャレンジ コンテスト

すてきな投稿だと認められた人に、協力企業提供から賞品がプレゼントされる。(各賞につき1名/団体)

各賞:クレハ賞、明治賞、日清食品HD賞、ハウス食品賞

寄付が2倍になる取り組み

以下のいずれかの投稿をすると、さらにプラスの寄付ができる。

1.『NEWクレラップ』を使った食品の保存の様子を写真に撮って「#ラップでおいしく保存」付きで投稿

2.明治の商品をおいしく楽しく最後まで食べる様子を「#明治食べきりスマイル」付きで投稿

【協力企業・団体】

(※9月29日現在)

スペシャルサポーター

株式会社クレハ/日清食品ホールディングス株式会社/明治ホールディングス株式会社

サポーター企業

特別協賛

ハウス食品グループ本社株式会社

ハウス食品グループ本社ロゴ

協賛

NOK(株)/(株)ニコン/(株)ニチレイ/日本生活協同組合連合会/伊藤ハム米久ホールディングス(株)/江崎グリコ(株)/エスビー食品(株)/カーギルジャパン合同会社/加藤産業(株)/カルビー(株)/キッコーマン(株)/(株)東京個別指導学院/日清シスコ(株)/ハニューフーズ(株)/富士通オプティカルコンポーネンツ(株)/フジッコ(株)/プリマハム(株)/一般財団法人ベターホーム協会/(株)ポンパドウル/三菱商事(株)/(株)モリサワ/森永製菓(株)/Relo Hotels&Resorts

パートナー

有楽製菓株式会社

お問い合わせ先/認定NPO法人国連WFP協会
https://ja.wfp.org/jawfp

※掲載している情報は、2023年10月4日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends