レシートはもういらない フランスで「領収書の廃止措置」開始

レシート

Photo by Towfiqu barbhuiya on Unsplash

フランスでは8月より、紙の領収書の発行が廃止された。これは、紙や水などの資源を守るための措置で、銀行などの各種機関の領収書なども対象となる。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.08.28
SOCIETY
編集部オリジナル

KDDIのつなぐストーリー vol.2|“願い”をもって漁業の現場でデジタルと人をつなげる

Promotion

無駄な紙は使わない 領収書を廃止

フランス政府は、2023年8月から、紙の領収書の発行を禁止した。多くの小売店のレジでは、自動的にレシートが印刷されるが、これを廃止。紙や水などの資源を守るための取り組みの一環だ。

これは2020年に可決された法案が施行されたもので、小売店で印刷されるレシートのほか、銀行などの各種機関で発行される領収書や、割引の内容が記された紙の領収書が対象となる。また、レストラン、ホテル、美容室などの一部のビジネスについては、領収書の印刷が引き続き義務付けられるという。

レシートによく使われるのは、熱が伝わると黒く印字される特殊なインクを使用した感熱紙だ。しかし感熱紙は特殊な薬品が使われているため、リサイクルするのは困難という面があった。そのため、レシートを廃止して、紙などの資源を節約しようという趣旨だ。

レシートが必要な場合は、客が店側に領収書を求めることも可能で、店によってはSNSや電子メールなどのデジタルのレシートも提供される。

デジタルレシートの選択肢も

どんな店でも、使うたびに当たりまえのように渡されるレシートの存在。しかし、考えてみれば、毎日その量はかなりのものになると気づくはずだ。しかもその大半は、リサイクルが難しい感熱紙だ。それならば、レシートそのものを廃止するという制度は、とても理にかなっていると言える。

しかも、今ではスマホが広く普及しており、SNSやメールなどでデジタルでレシートを送付することも可能だ。フランスでは、今回の措置を受けて、多くの小売大手が1年以上前から、レシートの廃止を進めてきたという。

フランスのように、紙のレシートをもらうという既成概念を壊し、新しいスタンダードを作っていくことも必要かもしれない。

※掲載している情報は、2023年8月28日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends