UCCが目指す「サステナブルなコーヒー調達100%」新たに3社とパートナーシップ

パートナーシップを組んだ3社のロゴ

UCCホールディングス株式会社は「2030年までに自社ブランドを100%サステナブルなコーヒー調達に」という目標を2022年4月に定めており、この度新たに3社(NKG、Guaxupe、Louis Dreyfus Company)とのパートナーシップを決定した。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.05.18
BEAUTY
編集部オリジナル

藻から化粧品の原料ができる不思議 「微細藻類」がもつポテンシャル

Promotion

「2030年までにサステナブルなコーヒー調達100%実現」UCCが新たに3社パートナーに

パートナーシップを組んだ3社のロゴ

UCCホールディングス株式会社は、UCCサステナビリティ指針に掲げる目標のひとつである「2030年までに自社ブランドを100%サステナブルなコーヒー調達に」の達成に向け、新たに3社(NKG、Guaxupe、Louis Dreyfus Company)とのパートナーシップを決定した。

これにより、UCCのサステナブルなコーヒー調達の基準を満たす調達パートナーは8つとなった。

UCCグループは、栽培から1杯のコーヒーに至るまで、一貫したコーヒー事業をグローバルに展開している。2022年4月には「UCCサステナビリティ指針」を制定し、「コーヒーの力で、世界にポジティブな変化を」というサステナビリティビジョンを掲げ、2030年までに自社ブランドを100%サステナブルなコーヒー調達にすることを目標のひとつに定めた。

この目標を定めるにあたり、サステナブルなコーヒー調達について、地球・人・製品の3つのサステナブル要素と、それぞれに対する新たな基準を設置。

今後、調達における協働パートナーによる監査のもと、この基準を満たすコーヒー調達を推進していくとしている。

今回、新たなパートナーとなる3社は、UCCグループのサステナビリティ指針でも目指すところである「サステナブルなコーヒー栽培の普及、生態系の保全、農家の生計改善を支援する」などが盛り込まれた自社基準を有し、生産者とともに持続可能なコーヒー生産の実現を目指している。

3社の代表によるメッセージ

Neumann Kaffee Gruppe(NKG)

ベロ・コーヒー・シンガポール マネージングディレクター ヤン-ウィレム・オッテン氏:ノイマン・カフェ・グループの一員として、私たちベロ・コーヒー・シンガポールは、協働の力を信じています。私たちは、コーヒーの持続可能な未来のために必要に迫られている共通目標の達成に向けて、UCCと一緒にインパクトを与えられることを楽しみにしています。

私たちのお客さまとすべての生産者の両方が恩恵を受ける解決策を見つけることは、私たちにとって重要な目的です。したがって、私たちはUCCが100%サステナブルなコーヒー調達へ移行することを心から支持し、この旅路におけるもっとも重要なビジネスパートナーの1企業としてUCCとともに歩めることを誇りに思います。

NKG Verifiedは、コーヒー生産者とコーヒーバイヤーの架け橋となり、UCCが社会的、環境的、経済的に持続可能な目標を達成するために、私たちのプログラムを通して、トレーサブルで持続可能なコーヒーの供給をサポートできると信じています。

Exportadora de Café Guaxupé

エグゼクティブディレクター フラヴィア・バルボサ氏:UCCグループのサステナブルなコーヒー調達のパートナーとして協働できることを嬉しく思います。Guaxupé Planetは、生産者が新しい手法を学び、コーヒー業界が生産者に何を期待しているかを知り、経済的、社会的、環境的により持続可能であるよう支援することができる包括的なプログラムです。

UCCグループのパートナーになることで、私たちのプログラムへの信頼性が高まり、ともmに世界をより良くすることができます。私たちは、よりいい未来への道のりに向けてUCCのサポートと支援に感謝します。

Louis Dreyfus Company

コーヒー部門グローバル責任者 ベン・クラークソン氏:UCCグループは、世界の主要コーヒーロースターの1つとして、LDCにとって常に重要な顧客であり、LDCのResponsible Sourcing Program(RSP)がUCCグループのサステナブルなコーヒー調達プログラムとして認められたことを光栄に思っています。

これは、持続可能なコーヒーのバリューチェーンを目指すという共通のビジョンのもと、両社の関係をさらに強固なものにするということを意味します。

責任ある調達はLDCのコーヒーにおけるサステナビリティ戦略の中核であり、2027年までにRSPが承認したサプライチェーンから少なくとも80%のコーヒーを調達するという野心的な目標を追求する中で、UCCグループの賛同を得たことは、私たちにとって大きな励みとなります。

お問い合わせ先/UCCホールディングス株式会社
https://www.ucc.co.jp/

※掲載している情報は、2023年5月18日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends