ノルウェーに2.9㎞の「自転車・歩行者専用トンネル」が開通 暖房も完備

ノルウェーに世界最長のサイクリングトンネルが開通

Photo by Iver Daaland Åse / Bybanen Utbygging

ノルウェーのベルゲンに、2.9kmにおよぶトンネルが開通した。自転車と歩行者の移動の目的でつくられたトンネルとして世界最長だ。約38億円の総工費をかけた国家プロジェクトで、2019年より4年の年月を経てオープンを迎えた。

今西香月

環境&美容系フリーライター

慶應義塾大学 環境情報学部卒。SUNY Solar Energy Basics修了。 カリフォルニア&NY在住10年、現地での最新のサステナブル情報にアンテナを張ってライター活動中

2023.05.02
SOCIETY
編集部オリジナル

美郷町だからできる自然と共生するサステナブルな暮らし

Promotion

自転車と歩行者の2レーンを設置 安全面も考慮

ノルウェーに開通した世界最長の自転車用トンネル

Photo by Light bureau

ノルウェーのベルゲンに、サイクリングと歩行者専用のトンネル「フィリングスダルストンネル(Fyllingsdalstunnelen)」が4月15日の「家族でスポーツ活動を行う日」にオープンした。トンネルは自転車と歩行者向けのもので、長さは約2.9kmにわたる。このような目的でつくられたトンネルとしては、世界最長なのだそう。

山が多いノルウェーでは、町から町への移動に迂回しなければならない場合もある。このトンネルは、住宅街であるフィリングスダレンとノルウェー南西部の都市の中心部を結ぶ。このトンネルの開通により、これまで40分かかった移動が25分に短縮されるという。

ちなみに、トンネルの端から端まで自転車で約10分、徒歩で約40分近くかかる。

ノルウェーに開通した世界最長のサイクリングトンネル

Photo by Light bureau

このプロジェクトは2019年2月に竣工され、4年をかけて完成した。国による大規模プロジェクトの費用は、2,900万ドル(約38億円)近くとなる。

トンネル内には、幅3.5mの自転車専用レーンと、幅2.5mの歩行者・ランナー用レーンの2つのレーンが設けられている。歩行者・ランナーのレーンは、陸上トラックのような青いゴム製の床材が敷かれていて、快適に歩いたり走ったりできるという。

ノルウェーに開通した世界最長のサイクリングトンネル

Photo by bybanen utbygging

地下トンネルというと、薄暗さやセキュリティー面が気になる方も多いだろう。こうした懸念点を払拭するため、フィリングスダルストンネルは、安全性と快適性を念頭に置いて構築された。

窓のない単調なトンネルを解消するために、カラフルな照明で明るく照らされており、ところどころにアートが飾られている。こうしたアイデアは、利用者がトンネル内での場所や方向を特定するのにも役立つ。

ノルウェーに開通した世界最長のサイクリングトンネル

Photo by Light bureau

各所に防犯カメラが設置され、いざというときに備えて800フィート(約244m)おきに緊急電話も設けられている。途中にはトンネル内に休憩所もあり、ノルウェーの厳しい冬に備えて、暖房も完備されている。

脱車社会へのアプローチを

ノルウェーに開通した世界最長のサイクリングトンネルとトラム

Photo by Mount Visual / Bybanen Utbygging

トンネルに平行するようにトラム(路面電車)が走っている。

この新しいトンネルは、2022年11月に開通したベンゲルの2つめのトラム(路面電車)の“副産物”として誕生したものだ。山を通るトラムには並行する避難トンネルが必要だったため、開発者はその避難トンネルを多目的にして、歩行者や自転車が使用できるよう計画を拡張したのだ。

気候変動を少しでも食い止めるため、多くの都市で、自動車の利用頻度を減らし、公共交通機関や自転車の利用が奨励されている。そのためには、自転車や徒歩での移動を安全に行える環境の整備が欠かせない。こうしたカーフリーな街づくりを目指す動きは、これからも増えていくことだろう。

※掲載している情報は、2023年5月2日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends