NY「人間を土に還す」法案が成立 アメリカで6州目

Photo by Rebecca Peterson-Hall on Unsplash Everything you need to g

アメリカ・NYで、人間の遺体をコンポストして土に還すことが法律で認められた。火葬よりも温室効果ガスの排出が少なく、生態系への影響を低減させる新しい選択肢となる。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.01.16
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

環境への負荷が少ない「グリーン葬」

アメリカ・ニューヨーク州のキャシー・ホークル知事は、人間の遺体を堆肥化することを合法とする法案に署名した。これにより、ニューヨーク州は人間の遺体の堆肥化を認めるアメリカで6つめの州となった。

アメリカではもともと土葬の習慣があったが、手間の少ない経済的な火葬が一般的になってきていた。だが火葬は大量の燃料を必要とし、温室効果ガスを排出することから、環境への負荷がかかることが懸念されていた。

そこで生まれたのが、遺体を土に還す、通称「グリーン葬」と言われる人間の堆肥化だ。ニューヨーク州では2022年6月にこの法案が提案され、議会で論じられることとなった。その後、議会の承認を得て州知事が署名するまでに至った。

具体的な堆肥化のプロセスについては、以下の記事を参考にしてほしい。

「人間の遺体を堆肥にする」 アメリカ4州目としてNYが合法化へ法案提出

関連記事

ワシントン州・カリフォルニア州など5州が合法化

遺体を堆肥化することを認めたのは、アメリカでは2019年のワシントン州が初めてだ。その後、コロラド州、オレゴン州、バーモント州、カリフォルニア州の5州が同様の法律を制定。今回のニューヨーク州は6番目の州となる。

気候変動の問題が深刻化していくなか、環境負荷の低いこの葬儀方法は、今後ますます注目されていくことになりそうだ。

葬儀のやり方は、それぞれの国での文化や人々の倫理観に深く関わるものだ。しかし、選択肢のひとつとして堆肥化する方法が一般化していくことは、広く受け入れられていくかもしれない。

※掲載している情報は、2023年1月16日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends