ユーグレナと人気作家がタッグ 文学の新ジャンル「サステナビリティフィクション小説」公開

サステナビリティフィクション小説が並べられた棚

株式会社ユーグレナが、人気作家4名とコラボレーションし“サステナビリティ”をテーマにした文学の新ジャンル「SF(サステナビリティフィクション)小説」4作品を12月22日より特設サイトにて公開している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.12.28
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

「ユーグレナ×人気作家」サステナビリティフィクション小説を公開

サステナビリティフィクション小説

株式会社ユーグレナは、株式会社早川書房の協力のもと、人気作品を多数輩出する作家4名と当社経営陣がコラボレーションし「経営も、小説も、始まりは空想から。」をコンセプトに“サステナビリティ”をテーマにした文学の新ジャンル「SF(サステナビリティフィクション)小説」4作品を12月22日より特設サイトにて公開している。

同時に「二子玉川 蔦屋家電」にて12月22日(木)から2023年1月5日(木)まで、期間限定で作品を展示している。

「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」をユーグレナ・フィロソフィーとして掲げ、事業を通じて世界が抱える社会課題に取り組むユーグレナ社は、真の「サステナビリティ」について考え、何世代も先の未来を予測(空想)し、伝えることを目的に“サイエンスフィクション”ならぬ“サステナビリティフィクション”としての「SF小説」を創作。

SF(サイエンスフィクション)小説に知見のある早川書房協力のもと、ユーグレナ社の経営陣4名が「現代ショートショート」の第一人者・田丸雅智氏をはじめとする作家4名とコラボレーションした。

「超長期経営空想」として、いまから100年後、会社は、社会は、どうなっているのかをテーマにしている。

100年先の未来にある地球、人、宇宙 変化した環境のなかでどう生きるかを描く

並べられた4つの小説

代表取締役社長の出雲 充氏と、ショートショート作家の田丸 雅智氏のコラボにより執筆されたのは「貧困の博物館」。かつての途上国の暮らしを再現した「貧困体験プログラム」が目玉の博物館を舞台に、100年先の世界を考え、変えるためのヒントを巡る物語が綴られている。

取締役代表執行役員CEOの永田 暁彦氏とSF作家の藤井 太洋氏が執筆したのは「モラトリアム」。舞台は、人々が宇宙へ移住し、核融合で得られる無限の電力によって、働く必要すらもなくなった未来。宇宙という新天地を、人間の生きる場所に変えるための「条件」を問う。

執行役員CTOの鈴木 健吾氏とSF作家の林 譲治氏が執筆したのは「共棲の始まり、そして未来」。ES(ecosystem sheet)と呼ばれる生態系復活装置を用いて、荒廃地の食料供給計画に従事してきた己龍(きりゅう)ケインは、大規模自然災害により傷ついた地球環境の復興支援を使命に向かった宇宙で、最愛の妻を失ってしまう。

執行役員、バイオインフォマティクス事業担当の高橋 祥子氏とSF作家の菅 浩江氏が綴ったのは「幸せな長い人生」。時代は22世紀中盤。科学の発展により、人類の病がほぼ克服されつつある未来で、健康寿命が伸びた一方、記憶の底にある個人のトラウマだけは未だ解消できていない。寿命と記憶の間で揺れ動く、未来の人間の生き方を問う。

お問い合わせ先/株式会社ユーグレナ
https://www.euglena.jp/

※掲載している情報は、2022年12月28日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends