電動バイクのバッテリーをサブスク型で提供 台湾「ゴゴロ」月間契約50万人突破

Gogoroスマートスクーター

Photo by Gogoro

電動バイク業界を牽引する台湾企業「ゴゴロ(Gogoro)」。バッテリーをサブスクリプションで提供することで、充電や買い替えの手間がなくなると世界中で話題で、台湾では月間契約者数が50万人を突破した。電動バイクのシェアリングサービスも展開し、世界各国のEV普及に貢献している。

神本萌 |Moe Kamimoto

フリーランスライター

大学時代に南アジア文化を学んだことをきっかけに、環境や人権の問題に関心を持つ。それ以降、より自分と地球にやさしい暮らしを目指して勉強中。趣味は写真。

2022.09.28
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

24時間いつでもフル充電のバッテリーと交換可能

Gogoroスマートスクーター

Photo by Gogoro

台湾の電動バイクで90%以上のシェアを誇り、2022年8月には月間契約者数が50万人を突破。いま、世界の電動バイク業界を牽引しているのが、台湾企業「ゴゴロ(Gogoro)」だ。2022年9月には、シンガポールとイスラエルへ進出し、ますます注目を集めている。

ゴゴロが世界でシェアを伸ばしている理由は、バッテリーのサブスクリプションモデルにある。

利用者はバイク本体を購入後、走行距離に合わせてプランを決め、月額料金を支払うだけ。バッテリーが切れそうになったら、「ゴー・ステーション(Go Station)」で24時間いつでもフル充電されたバッテリーと交換できる。

ゴー・ステーションでバッテリー交換

Photo by Gogoro

走行中にバッテリーの残量を心配する必要もないし、自宅で充電することもない。長距離走行で、予備のバッテリーの準備や充電のための待ち時間も不要だ。

ゴゴロは、CO2を排出しないだけでなく、電動バイク利用者が抱えている困りごとまで解決してくれるのだ。

Gogoroのアプリ

Photo by Gogoro

アプリでゴー・ステーションの位置を確認できる。

月額料金は地域や走行距離によって変わるが、台湾では1,000円程度から利用可能だそう。専用アプリを使えば、ゴー・ステーションの場所も確認できる。またゴゴロの電動バイクの価格は、一般的なバイクの価格帯とほぼ変わらないという。

ゴゴロのゴー・ステーション

Photo by Gogoro

ゴー・ステーション。

現在、台湾にあるゴー・ステーションの数は2,240カ所以上。ゴー・ステーションは、電気自動車などの充電施設より場所をとらないため、これだけ多くの場所に設置できたという。50万人もの人々が利用しているのも、うなずける。

電気バイクのシェアリングも世界で人気 石垣島にも

Gogoro Go Share

Photo by Gogoro

ゴゴロは、電動バイクのシェアリングサービス「ゴー・シェア(Go Share)」も、インドネシア、韓国など世界中で展開している。

利用方法は、ゴー・シェアのアプリに登録するだけ。アプリ内で、借りる場所やゴー・ステーションの場所も検索できる。旅先やちょっとした買い物の移動手段にぴったりだ。

日本では、石垣島でゴー・シェアが導入されている。3時間までの利用なら3,500円で利用でき、地元の方が買い物や短距離の移動に使うことも多く好評だそう。観光客の利用も増えているという。

ガソリン車よりも環境にやさしい移動手段として、電気自動車や電動バイクの普及が求められている。

だが、環境負荷を減らすためには、短距離であれば徒歩や自転車で移動したり、公共交通機関を利用したりする心がけが大切だ。日々の移動手段を見直して、できることからはじめてみよう。

※掲載している情報は、2022年9月28日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends