「タイガー魔法瓶」京阪グループホテルでステンレス製ボトル貸し出しと不要ボトルの回収スタート

ステンレス製ボトルを渡す様子

Photo by タイガー魔法瓶株式会社

タイガー魔法瓶株式会社は6月21日から、京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社が運営する「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」で、ステンレス製ボトルの貸し出しを開始。同時に、家庭で不要となったステンレス製ボトルの回収もスタートした。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.07.08
SOCIETY
学び

エシカルマーケティングとは? メリットや実例をわかりやすく紹介

「タイガー魔法瓶×THE THOUSAND KYOTO」ステンレス製ボトルのリサイクル・リユース・リフィルにアクション

タイガー魔法瓶のステンレス製ボトル

Photo by タイガー魔法瓶株式会社

タイガー魔法瓶株式会社が6月21日から、京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社が運営するフラッグシップホテル「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」とコラボレーションし、ステンレス製ボトルの貸し出しと回収を開始した。

宿泊者にオリジナルデザインのタイガーステンレス製ボトル(容量500mL)の無料貸し出しを行い、ホテルのカフェ&バー「TEA & BAR」に持っていくと、テイクアウトコーヒー・紅茶(ホットまたはアイス・最大提供容量360mL)を500円でボトルに入れてテイクアウトすることができる。

ステンレス製ボトルを渡す様子

Photo by タイガー魔法瓶株式会社

通常テイクアウトドリンクの提供を行っていない「TEA & BAR」のこだわりのコーヒーや紅茶を移動先で楽しむことができる。

さらに、タイガー魔法瓶独自の取り組み「使用済みステンレス製ボトルの回収と再資源化」に「THE THOUSAND KYOTO」が回収拠点として参画。家庭で不要になったステンレス製ボトルの回収を行う。回収については、ホテルの利用者に限らず、すべての人が回収拠点のひとつとして利用することができる。

タイガー魔法瓶が2030年に達成を目指す新たな3つの目標

3つの目標

Photo by タイガー魔法瓶株式会社

こうした、企業とのパートナーシップによる協業を、タイガー魔法瓶は2030年までに100社にすると目標を掲げている。ステンレス製ボトルのリサイクル・リユース・リフィルによるサーキュラーエコノミー(循環型経済)のアクションに対して、さらにもう2つの目標も設定。

使用済みステンレス製ボトルの回収率を10%にすること(同社が国内で年間販売するステンレス製ボトルの10%相当)、リサイクル樹脂を使用したステンレス製ボトルの割合を50%にすること(同社が国内で出荷するステンレス製ボトルにおいて)を2030年までの目標としている。

お問い合わせ先/タイガー魔法瓶株式会社
https://www.tiger.jp/product/bottle/

※掲載している情報は、2022年7月8日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends