軽量で使い残しなしの「歯磨きペーパー™️」 「MiYO Organic」から登場

歯ブラシに載せた歯磨きペーパー

Photo by MiYO Organic

竹歯ブラシのブランドとして知られる「MiYO Organic」から「歯磨きペーパー™️」が登場した。パッケージにも紙を使用し、輸送時のCO2排出量も削減するサステナブルアイテムだ。まずは、ホテルのアメニティとしての予約販売を開始。今後は、一般にも展開される予定。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.04.19
FOODS
編集部オリジナル

CO2が発生しない水素焼レストランって?「くらしのサス活」キャンペーンで当たるおいしい賞品

Promotion

「MiYO Organic」竹歯ブラシの次は「歯磨きペーパー™️」

歯ブラシに載せた歯磨きペーパー

Photo by MiYO Organic

天然の竹でつくった竹歯ブラシを展開する日本発のサステナブルブランド「MiYO Organic(ミヨオーガニック)」から、新たなサステナブルアイテムが登場した。プラスチック使用量を約98%削減した「歯磨きペーパー™️」だ。まずは、ホテルのアメニティとして展開を開始する。

プラスチックの使用を80%削減した竹歯ブラシ「MiYO-organic」 ホテルにサステナブルな選択肢を

関連記事

ホテルアメニティで提供される小さな歯磨き粉を使い切ったことがある人はいるだろうか。まだ歯磨き粉が残る容器が1日にどれだけ"ごみ"となっているのかという疑問から、このアイテムは生まれた。

使い方は従来の歯磨き粉と大きくは変わらない。水に濡らした歯ブラシのヘッドに、ペーパーを差し込み口に入れる。唾液や水分に反応して泡立つので、そのままブラッシングをし、やさしく洗い流せば完了。

パッケージにも紙を採用 輸送時のCO2も削減するサステナブルアイテム

MiYO Organicsのアイテム

Photo by MiYO Organic

従来の歯磨き粉は、中身の劣化や固まってしまうことを防ぐために、プラスチックやアルミの容器に入れる必要があった。ペーパー状にすることで、パッケージを紙にすることに成功。1包約0.5gと重さもかさも下がったことで、輸送時のCO2や輸送コストの削減にもつながる。

すでに販売している竹歯ブラシとセットで使えば、さらにプラスチック削減が期待できる。ホテルアメニティとしては4月1日から予約販売を開始。一般発売が待ち遠しい。

製品情報

製品名:歯磨きペーパー™️
価格:要問い合わせ
味:ミント味
本体サイズ:(外装)縦700mm×横700mm (製品)縦16mm × 横23mm
内容量:4枚入り
成分:ポリビニルアルコール、ラウリル硫酸Na、炭酸Cα、ステアリン酸スクロース、キシリトール、メントール、PEG-400、スクラロース、香料

お問い合わせ先/MiYO Organic
https://miyo-organic.com/

※掲載している情報は、2022年4月19日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends