「スターバックス」も参加 容器のリユースサービス「Re&Go(リーアンドゴー)」

Re&Goの容器

Photo by NISSHA株式会社

「Re&Go」はリユース可能なテイクアウト容器を貸し出すことで、使い捨てごみを削減できるサービスだ。レンタルや返却の手続きはLINE上で完結する。11月22日からは大手コーヒーチェーンの「スターバックス」も同サービスを利用した実証実験を開始している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.11.25
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

手続きはLINEで完結 リユース容器をその場でレンタルできるサービス「Re&Go」

Re&Goの容器

Photo by NISSHA株式会社

「スターバックス コーヒー ジャパン」がリユース容器の貸し出しとともにドリンクを提供し、店舗に返却してもらう循環型プログラムの実証実験を11月22日よりスタートしている。

スターバックスの実証実験のビジュアル

Photo by スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

返却してもらった容器はパートナー企業での洗浄を経て再利用される。この実証実験は、スターバックスの2030年までに廃棄物を50%削減するという目標達成に向けた取り組みのひとつだという。

この取り組みの核となっているのが「NISSHA株式会社」と「NECソリューションイノベータ株式会社」が提供する容器のリユースサービス「Re&Go(リーアンドゴー)」だ。

容器を借りている写真

Photo by スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

Re&Goは、LINE上でリユース容器をレンタル・返却できるサービス。ドリンクや料理をテイクアウトする際に店頭でQRコードを読み込めば、対応した容器を借りられる。返却の際も、返却場所をLINEで検索、QRコードを読み込んで返却が完了する。

料金は登録した決済手段で支払いが可能。なお、実証実験の期間中は無料でサービスが提供される。

Co2の削減量を確認している写真

Photo by スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

また、リユース容器を使用したことによって削減できた容器ごみの量や、Co2の削減量もLINE上で確認が可能だ。

スターバックスによる実証実験は、丸の内エリアの10店舗で行われる。容器の返却も同様の10店舗で可能で、5月31日まで行われる。

■実施店舗
丸の内ビル店/グランスタ丸の内店/KITTE丸の内店/丸の内オアゾ店/丸の内新東京ビル店/丸の内三菱ビル店/大手町プレイス店/大手町東京サンケイビル店/新大手町ビル店/皇居外苑 和田倉噴水公園店(2021年12月1日オープン予定)

※掲載している情報は、2021年11月25日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends