廃棄された貝殻を手作業でアップサイクル 英デザイナーがつくったインテリア雑貨

貝殻をアップサイクルしてつくられた新素材「シーストーン」製のフラワーベース(花瓶)

Photo by Newtab-22

イギリスのロンドンを拠点に活動するデザイン事務所「Newtab-22」がつくった「シーストーン」は、廃棄された貝殻をアップサイクルした新素材だ。花瓶、ミニトレー、キャンドルホルダーなどのインテリア雑貨がラインアップしている。

染谷優衣

フリーランスライター

YouTubeのThrift Filp動画をきっかけにサステナブルに興味を持つ。最近は洋服のリメイクを勉強中。リサイクルショップで掘り出し物の古着を見つけるのが好き。

2021.10.07

貝殻を粉砕し天然の接合材と混合 環境に配慮した新素材

貝殻をアップサイクルしてつくられた新素材「シーストーン」製のキャンドルホルダー

Photo by Newtab-22

「シーストーン」製のキャンドルホルダー。

「Newtab-22」は、2人の女性デザイナーによるデザイン事務所だ。イギリスのロンドンを拠点に、自然素材やふだん見過ごされている素材に着目し、さまざまな商品をデザインしている。

そんな彼女たちが、2020年のオンラインデザインフェスティバル「Virtual Design Festival」のなかで、新素材「シーストーン(Sea Stone)」を使ったコレクションを発表した。

シーストーンは、水産業界で回収された廃棄貝殻を粉砕し、天然の接合材と混ぜ合わせてつくった素材だ。1年以上にわたる試行錯誤の結果、熱や電気は使用せず化学処理を行わずに、すべての工程を手作業で行い、軽量なシーストーンの開発に至ったという。

貝殻を彷彿させるゴツゴツした風合いと、ナチュラルな色合いは、どこか温かみを感じられる仕上がりとなっている。

現在、シーストーンコレクションには、花瓶、ミニトレー、キャンドルホルダー、ペンケース、ウォールアートペイントなどが揃っている。

年間700万t捨てられる貝殻をアップサイクル

貝殻をアップサイクルしてつくられた新素材「シーストーン」製のミラー

Photo by Newtab-22

「シーストーン」製のミラー。

Newtab-22によると、世界では毎年、700万tの貝殻が廃棄されている。廃棄された貝殻の一部は肥料として再利用されているが、大半は埋め立てられたり海辺に捨てられたりしているという。

しかしNewtab-22のデザイナー2人は、貝殻の主成分が炭酸カルシウムで、セメントと同じような性質を持っていることに着目。コンクリートに代わる、持続可能なバイオマテリアルとして活用できると考え、貝殻から新素材をつくるプロジェクトを立ち上げた。

従来は捨てられていたものに付加価値を見出し、別のものとして利用する「アップサイクル」が、近年注目されている。今回のシーストーンは、廃棄された貝殻をアップサイクルした例だ。

Newtab-22は、「素材がもつ有益で魅力的な特性を追求し、私たちのデザインを通して現代の生活に取り入れてもらいたい。私たちは、社会にサステナビリティをもたらすことを目指している」と、コメントしている。

これまでは捨てられていたものでも、見方を変えれば貴重な資源となる。柔軟な思考と、さまざまな角度から物事を捉えられるマインドセットを、我々も持ち合わせておきたい。

※参考
Newtab-22
https://www.newtab-22.com/
Newtab-22 uses seashells to develop concrete alternative|dezeen
https://www.dezeen.com/2020/04/29/newtab-22-uses-seashells-to-develop-concrete-alternative/

※掲載している情報は、2021年10月7日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends