「PETOKOTO FOODS」ペットフードに規格外のサツマイモを使用しフードロス削減

お皿に盛られたPETOKOTO FOODS

カスタムフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」が4月22日のアースデーを機に、新たな環境への取り組みとして「#サステナBULLアクション」を開始した。第一弾として取り組むのは、規格外のサツマイモを使用したフードロス削減で、2025年までに約80トンの削減を目指す。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.05.06

サステナブルペットフード「PETOKOTO FOODS」フードロス削減に取り組む

お皿に盛られたPETOKOTO FOODS

安心・安全な素材にこだわるヒューマングレードなフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)」が、4月22日のアースデーを機に「#サステナBULLアクション」をスタートした。

これまでもパッケージにおけるバイオマスインキの採用や、柔軟なサブスクリプションサービスにおけるフードロス防止など、持続可能性を意識した製品開発を行なってきたが、今回の「#サステナBULLアクション」によってさらに環境配慮への取り組みを加速させるという。

並べられたPETOKOTO FOODS

PETOKOTO FOODS (ビーフ/ポーク/チキン/フィッシュ) 1パック150g 3kgの小型犬で1食40円〜

畑で笑うサツマイモ農家の菱田さん

協業するサツマイモ農家の菱田さん

プロジェクトの第1弾ではフードロス削減に取り組む。PETOKOTO FOODSのチキンとフィッシュレシピに使われるサツマイモの生産農家と協業し、見た目の悪さを理由に規格外となったサツマイモの有効活用を進める。

2025年までに約80トンのフードロス削減を目指しながら、サツマイモに限らず、すべての食材で検討を進めていく。

ペットとの暮らしに取り入れる「サステナブルアクション」を呼びかけ

サステナBULLくん

ペットライフメディア「PETOKOTO」のInstagramでは、フレンチブルドッグのキャラクター「サステナBULLくん」をアイコンに、読者へ「ペットライフに取り入れるサステナブルアクション」の投稿を呼びかけている。

ハッシュタグ「#サステナBULLアクション」がつけられた投稿は、順次ストーリーやハイライトで紹介されている。

人と愛犬、愛猫が一緒に暮らす生活のなかに取り入れられるアクションとして「愛犬との散歩でごみ拾い」や「愛犬用のエシカルシャンプーの使用」「サステナブル素材のトイレ用品の使用」などが、読者によって投稿されている。

お問い合わせ先/株式会社PETOKOTO
https://foods.petokoto.com/

※掲載している情報は、2021年5月6日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends