自然栽培で育てた「NODOKA」のオーガニック日本茶パウダーがELEMNIST SHOPで発売

オーガニック日本茶パウダー

一切の化学肥料をせず自然栽培で育てた、オーガニック日本茶パウダー専門ブランド「NODOKA」の商品がELEMINIST SHOPで発売される。茶葉は、国内で3%しかない有機認証を受けたものを使用。パウダー状にすることで、お茶としてだけでなく料理にも使える汎用性の高い商品だ。

2021.03.31

希少な新茶を使用 自然栽培で育てた「NODOKA」のオーガニック日本茶パウダー

焼き菓子と日本茶パウダーのパッケージ

オーガニック日本茶パウダー 30g 1,320円(税込)

3月25日より、オーガニック日本茶パウダー専門ブランド「NODOKA」の商品がELEMINIST SHOPで発売される。

発売されるのは、約30杯分のパウダーパック。農薬を一切使わない自然栽培で育てた静岡県産の茶葉を使っており、「有機JAS認証*」も取得している。フレーバーは、抹茶、ほうじ茶、玄米茶の3種類。

*1 農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないことを基本として自然界の力で生産された食品を表す認証

産地の茶畑

産地の茶畑は、短い日照時間や寒暖差、朝夕に霧が立ち込める環境など、自然栽培に適した条件が揃っている。緻密な土壌づくりやこだわりの栽培方法を取り入れ、希少な新茶のみを使うことによって、一番茶だけが持つ味わいを表現した。

「1% for the Planet」にも加盟 日本茶の文化を発信する「NODOKA」

ざるの上に置かれた茶葉

NODOKAは、東京で生まれ育った洪 秀日(ホン スイル)氏が、ニューヨーク・ブルックリンで創設したブランドだ。

後継者問題に悩まされている日本茶の生産者と、海外の消費者の間で高まる日本茶へのニーズとのギャップに注目し、生産者と消費者を直接つなぐことを目的としている。

お茶を栽培する様子

また、国内外からオーガニックの日本茶を求める声が高まるなか、栽培の難しさなどから、有機認証を受けた日本茶は全体の3%にとどまっている。生産者がこだわりぬいた商品を、現代的な手法で日本茶の魅力を発信していく狙いだ。

さらに、サステナビリティの観点での取り組みも積極的に行っている。過剰包装は行わず、とうもろこしの繊維を使用してできた「ECO緩衝材」を使用。納品書のペーパーレス化も行っている。

NODOKAは非営利団体「1% for the Planet」にも加盟しており、売上の1%を環境保全団体へ寄付。直接地球環境の保護に貢献することができる。

NODOKA

オーガニック日本茶パウダー 30g

1,320円

※2021.04.12現在の価格です。

レビュー (1)

  • ★★★★★
    安心してがぶがぶ飲める緑茶パウダーを探していました

    緑茶や玄米茶が大好きなのですが、農薬が多くつかわれているのがきになっていましたが、こちらは無農薬ということで気になって購入してみました。パウダーなのでさっとお湯にとけて、味がしっかりとあじわえるのに、緑茶をのんだあとの嫌な苦みがまったくのこらなくてびっくりしました!リピートしたいと思います。

    off-ton on Apr. 8, 2021

お問い合わせ先/ELEMINIST
https://eleminist.com/

※掲載している情報は、2021年3月31日時点のものです。

Latest Articles

ELEMINIST Recommends