人類の未来を予測した書籍『成長の限界』 シミュレーションからわかった崩壊のシナリオ

植物の苗木を両手に持つ女性

『成長の限界』とは、人類と地球の未来について記した研究レポート。コンピュータによるシミュレーション分析の結果、人類による幾何級数的な人口増加や経済成長がこのまま続けば、100年以内に地球上の成長は限界に達すると警告し、世界中で話題となった。本の概要や、現状との比較を考察する。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2021.03.17
SOCIETY
学び

エシカルマーケティングとは? メリットや実例をわかりやすく紹介

『成長の限界』とは

宇宙から撮影した地球

Photo by The New York Public Library on Unsplash

成長の限界』とは、1972年に出版された人類や地球の危機を記したレポート。スイスの研究機関・ローマクラブが、マサチューセッツ工科大学のデニス・メドゥズを主査とする国際チームに委託し、人類の経済活動と地球環境の未来についてのシミュレーション結果をまとめたものだ。

本書では、1960年代のような人口増加率と経済成長率が続けば、100年以内に地球上の成長は限界に達すると警告。当時、そのセンセーショナルなトピックは世界中で反響を呼び、その後の地球環境問題への取り組みを啓発する役割を担った。

コンピュータによる未来シミュレーション

『成長の限界』は、システムダイナミクスというシミュレーション手法を用いて分析された未来が記されている。人口、食糧生産、資本、再生不能資源、環境汚染の5つの変数と、それらが相互作用する様を解析。その結果、人類は工業化が進み急速に人口が増加する一方、地球の天然資源は有限であり、幾何級数的な成長とは矛盾することを証明した。

同書には、1970年から2100年までに起こりうる12のシナリオが提示されている。それによると、人類が経活動をこのまま続けていけば、食糧不足や資源の枯渇、環境汚染などよって、2030年頃から経済破綻や人口減少が起こり、人類と地球は崩壊の一途をたどるという。

しかし、早期に社会システムを変えることで、回避する道筋もあると提示。「人口抑制」「資本の投下率と消耗率を対等にする」など、ゼロ成長を保つ「均衡状態の世界」という概念を提案した。

1992年に発表された続編『限界を超えて』

空撮された海外の高層ビル群

Photo by sebastiaan stam on Unsplash

『成長の限界』の出版から20年経った1992年。同書の研究に携わったデニス・メドゥズやドネラ・H・メドウズ、ヨルゲン・ランダースは、続編『限界を超えて』というタイトルの書籍を発表した。20年後、世界は実際にどうなったのか。現状分析に加え、本書では、1970年から1990年までのデータを加えつつ、前作と同様のシミュレーション分析が行われた。

結果は変わらず、地球の成長は限界に達すると再警告を発した。また、人間による経済活動は1990年時点ですでに行き過ぎており、資源消費と汚染物質の産出速度は、物理的に持続可能な速度を超えていると指摘。

しかし、技術革新などによって新たな未来の選択肢も生じた。持続可能な社会を創造するために、資源の消費ペースと再生ペースの見直しが説かれている。

50年後の世界の現状

現在、『成長の限界』が示した限界へと私たちは進んでいるのだろうか。これまで、人口や食糧生産量など、多くの指標は1970年の参照シナリオの通りに推移してきた。

国連が発表した「世界人口白書2020」によると、2020年の世界人口は77億9500万人。2019年に比べて約8000万人増加した。世界人口の増加傾向は続き、2030年には85億人、2050年には97億人になると予測。

しかし本のなかでは、抑制のないまま成長を続ければ世界の資源供給は行き詰まり、2030年頃に経済破綻、続いて人口減少が起こり、人類衰退が始まると分析している。目の前に迫った2030年以降の世界は、果たしてどう変化するのだろうか。

100年後の世界の予測

砂漠に生える一本の枯れ木

Photo by Ivars Krutainis on Unsplash

100年以上の年月が経過した2100年の未来はどうなるだろう。国連によると、2100年頃に世界人口は110億人に達し、ついにピークを迎えると予測している。日本だけで見ると、100年後には人口が4000万人まで減る予想。

また、国連のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第5次評価報告書(2014年)は、2100年に最大4.8℃の世界平均気温上昇を予測した。このままでは、環境破壊や人口減少など『成長の限界』に示されたシナリオを迎えてしまうかもしれない。

いつか訪れる、成長の限界のために行動を

「持続可能性」という概念を最初に用いたことで知られる『成長の限界』。経済成長ばかりを追い求めることへの問題定義を投げかけ、大きな影響をもたらした。発売されたのは1970年代だが、いまなお問題は解決されておらず、むしろ状況は悪化する一方だ。持続可能な社会を創造するため、いま一度システムの見直しが必要。その転換期に私たちは生きているのだ。

※ 参考サイト
システム原型「成長の限界」(5)
https://www.change-agent.jp/news/archives/000312.html
成長の限界 人類の選択
https://www.es-inc.jp/books/2005/bks_id002847.html
世界人口白書2020
https://tokyo.unfpa.org/ja/publications/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%99%BD%E6%9B%B82020-0%23h1
世界人口の増大が鈍化、2050年に97億人に達した後、 2100年頃に110億人で頭打ちか:国連報告書(プレスリリース日本語訳)
https://www.unic.or.jp/news_press/info/33789/
第2節 経済社会の変革への動き
https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/zu/h25/html/hj13010202.html
地球温暖化についてのIPCCの予想シナリオ
https://www.wwf.or.jp/activities/activity/1035.html

※掲載している情報は、2021年3月17日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends