ACTION
「city shed」ポップアップショップの外観

森星の自室がスクランブルスクエアに再現 「city shed」ポップアップショップレポート

渋谷スクランブルスクエアにて1月5日まで開催されている、森星がディレクションを務めるライフスタイルストア「city shed」のポップアップストアの模様をレポート。エシカルな暮らしのヒントが散りばめられた空間をチェックしてみよう。

2020.12.23

SUKU、stojo、stasherなどエシカルなアイテムが揃う「city shed」ポップアップストア

森星がディレクションを務めるライフスタイルストア「city shed」が、現在渋谷スクランブルスクエアにてポップアップストアを開催中だ。

開催期間は1月5日まで。オーストラリアのサステナブルブランド「SUKU」とコラボしたルームウェアをはじめ、LFCコンポストなどの販売のほか、森星の自宅が再現されており、サステナブルな暮らしを取り入れるためのヒントが詰まっている。

ベッドに寄りかかる森星

SUKU MOON PUFFER SHORT ROBE 27,500円

SUKUのベッドカバーが付けられたベッド

SUKU BED COVER(single~queen) 22,000~35,200円

ベッドルームを再現したブースには、SUKUのベッドカバーや、アイマスクなどのほか『VOGUE』などの雑誌もディスプレイされている。

ベッドのすぐ傍らには、今回の目玉商品でもあるSUKUのエクスクルーシブモデル「SUKU×HIKARI」シリーズのパジャマのほか、SUKUのアパレルが揃う。

SUKUのパジャマがかかったクローゼット

SUKU Home HIKARI GREEN CIRCLE WINTER PYJAMA 19,800円

ポーズをとる森星

SUKU HIKARI MOON GREEN DRESSING GOWN 24,200円

タイダイ柄のルームウェアがかかったハンガーラック

Coverall 18,700円

森星はSUKUについて「使用しているバンブーレーヨンは、抗菌効果があるため過剰な洗濯は不要なことや、さりげなくエシカルを取り入れているところ、多様な人々に向けたデザイン性に愛を感じた」と語っており「ロールモデルとしてコンセプトを応援したいブランド」だという。

ベッドルームの外観

ベッドルームはcity shedにおいても重要なキーとなる空間だ。そもそもcity shedは「she shed」という“女性の趣味部屋”を表す言葉からきた造語である。

森星は、she shedという言葉に出会った際「これは、私がやりたいことだ」と感じたという。

city shedは、そんな彼女が語る「28歳の私が感じる落ち着くshedづくりを提案することで、みんなもきっかけとして何かを感じ取ってもらえるものになれば」という思いを届けるためのメディアとも言えるだろう。

コンポストは小宇宙?森星が語るコンポストの魅力

LFCコンポストや鉢植えが置かれたラック

LFCコンポストセット 4,268円

そんな思いを表すように、ベッドルームのすぐ横、バルコニーを再現したブースでは、コンポストをはじめとするガーデニングアイテムが並ぶ。

コンポストについて森星は、その魅力を“小宇宙”と表現する。

「日常生活の中で、分別した生ごみがその後どうなるのかまでを気にかけるのは難しいけれど、コンポストという“小宇宙”を持っているとそれが想像しやすくなるんです」

さまざまな小物が並ぶキッチンブース

「stasher(スタッシャー)」のシリコーンバッグが置かれたボウル

キッチンブースにもエシカルな雑貨が並ぶ。写真は「stasher(スタッシャー)」のシリコーンバッグ

花が入ったstojoのタンブラー

ニューヨークで立ち上げられたブランド「stojo(ストージョ)」のタンブラー 2,530円

エシカル、環境によいものを取り入れた生活というのは、必ずしも簡単なことではない。しかし、生態系を内包したコンポストという“小宇宙”が生活のなかにあることによって、無限に広がる生態系や環境といったものがグッと身近になる。

森星は「生ごみを細かく切らずに入れると分解ではなく腐敗に進み、でもそこに落ち葉をいれると水分量が整ったりする。そういう経験を通じて植物や環境への理解が深まればいいな」と語っている。

エシカルな生活のヒントが充実した空間

森星のメディテーションルームを再現したブース

森星のメディテーションルームを再現したブース

アメリカのロックバンド「The Beach Boys」や、石川県金沢のDJ「空中水泳」のレコード盤が並んだ棚

メディテーションルームの横にはアメリカのロックバンド「The Beach Boys」や、石川県金沢のDJ「空中水泳」のレコード盤が並ぶ

レコードを眺める森星

「日々食すもの、纏うもの、使うものによって、自分が心から気持ちいいと思えるライフスタイルが本当に変化するんだなと思った」と森星が語るように、地球や世界で起こっていることは、すべて自分の暮らしと地続きのものだ。

ありとあらゆる人が自分らしくいられる空間を掲げるcity shedのこのポップアップは、まさに自分の心地よい暮らしを見つめながら、エシカルな生活を楽しむためのヒントに満ちた空間だ。

キッチンブースの外観

アメリカンスタイルのヴィーガンクッキー「ovgo B.A.K.E.R(オブゴベイカー)」が入ったかご

アメリカンスタイルのヴィーガンクッキー「ovgo B.A.K.E.R(オブゴベイカー)」 1,980円

「肩ひじ張らずにできること、身近なこと、気が付いたことからからアクションを起こすことで、みんなが自然にエシカルな生活を取り入れることができると思います」と森星が語るように、“自分らしいエシカル”を探しに行ってみてはどうだろう。

会期中は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、定員を20名前後として予約制で来店を受け付けている。もちろん空いていれば当日の入店も可能だが、土日など混み合う時間は予約がおすすめだ。

アートブックなどが置かれた机

レコードプレーヤーとレコード、キャンドルが置かれたチェア

POP UP STORE「city shed」

詳細

「SUKU」のルームウェアや寝具などの販売

会場

渋谷スクランブルスクエア4F Space4

住所

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン 4F

開催日時

2020年12月16日 11:00 〜 2021年1月5日 21:00

開催予定状況

予定通り開催

主催者

city shed

※休業、営業時間は施設に準ずる ※来店前に渋谷スクランブルスクエアHPを要チェック https://www.shibuya-scramble-square.com/

お問い合わせ先/city shed
https://city-shed.com/

※掲載している情報は、2020年12月23日時点のものです。

Latest Articles

ELEMINIST Recommends