「LGBTQと大学に関する全国シンポジウム」オンライン開催 今後の方向性を共有

「LGBTQと大学に関する全国シンポジウム」のフライヤー画像

全国の大学関係者が参加する「UDA」と、任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアムによる「LGBTQと大学に関する全国シンポジウム」が12月11日にオンラインで開催される。当日は全国の大学を対象に行われた調査の報告や、企業、学生も参加するパネル・ディスカッションも開催予定だ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.12.10
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

「LGBTQと大学に関する全国シンポジウム」12月11日夜オンライン開催

UDA JAPANとプライドハウス東京のロゴ

全国の大学関係者が参加する「UDA(大学ダイバーシティ・アライアンス)」と、任意団体「プライドハウス東京コンソーシアム」による「LGBTと大学に関する全国シンポジウム」が、12月11日(金)19時〜21時にオンラインにて開催される。

大学や学生を対象とした調査研究の報告とともに、さまざまなパネリストによるディスカッションを行う。

全国の大学を対象としたLGBTQに関わる調査の報告も

シンポジウムで報告されるのは「全国の大学を対象に性的指向・性自認(SOGI)に関する施策や取り組みについて調べた調査研究(中京大学風間孝教授グループ)」をはじめ、さまざまだ。

東京大学ユアン・マッカイ特任助教グループによる「LGBTQ当事者が大学において抱える困難とニーズに関する質的調査研究の報告」や、筑波大学河野禎之助教グループによる「日本版大学プライド指標*の作成について」など、大学全体で取り組むための発表が行われる。

*大学等の高等教育機関におけるLGBTQに関する包括的な取り組みの指標

大学における調査結果では「LGBT等の学生から配慮や要望の問い合わせを受けたことがあるか」の問いに、半数が「はい」と答えている一方で「LGBT等の学生支援のための手引き、ガイドラインを作成しているか」に「はい」と答えたのが8.7%にとどまるなど、現状の課題感がうかがえる。

パネル・ディスカッション「大学は何ができるのか、大学に何を求めるのか」では、大学の教職員や学生、企業、親世代の立場の登壇者が参加し、いま大学に求められること、大学ができることについて対話を重ね、今後の方向性を共有する。

LGBTQと大学に関する全国シンポジウム

詳細

大学や学生を対象とした調査研究の報告とともに、さまざまな立場のパネリストによるディスカッション

開催日時

2020年12月11日 19:00 〜 2020年12月11日 21:00

開催予定状況

予定通り開催

発売状況

発売中・空席あり

出演者

風間孝(中京大学)、マッカイ・ユアン(東京大学)、金智慧(早稲田大学)、河野禎之(筑波大学)、土井裕人(筑波大学)、小林りょうこ(NPO法人ハートをつなごう学校)、長谷川満子(大和ハウス工業株式会社)、学生

主催者

UDA(大学ダイバーシティ・アライアンス)、プライドハウス東京コンソーシアム

問い合わせ先/NPO法人グッド・エイジング・エールズ
http://goodagingyells.net/

※掲載している情報は、2020年12月10日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends