グレートバリアリーフのサンゴによる一斉産卵を確認 今後も気候変動への対応が求められる

産卵を行うサンゴ

オーストラリアのクイーンズランド州グレートバリアリーフ全域にて、世界最大のサンゴの一斉産卵が12月4日から6日にかけて確認された。この現象は、サンゴ自体の回復力を確認できる重要なものだ。今後も気候変動への即応的な行動が求められる。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.12.10
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

オーストラリアで「海中の吹雪」 サンゴが一斉産卵

サンゴの産卵の様子

Photo by (C)クイーンズランド州政府観光局

12月4日から6日にかけて、オーストラリアのクイーンズランド州グレートバリアリーフ全域で、世界最大のサンゴの一斉産卵が確認された。数多くのサンゴが種を繁栄させようと、何兆個もの卵子と精子を一斉に海に放出したのだ。

「海中の吹雪」に例えられるこの自然現象は、オーストラリアでは夏の時期にあたる11月〜12月の時期に発生する。

サンゴの一斉産卵は、サンゴ自体の回復力を示す、グレートバリアリーフの回復プロセスにおいてもっとも重要な、年に一度の現象と言われる。

グレートバリアリーフを未来の世代へ残す

グレートバリアリーフの航空写真

Photo by (C)クイーンズランド州政府観光局

この現象に対して、数多くの有識者たちがコメントを寄せている。

水中ビデオグラファーで海洋生物学者でもあるスチュアート・アイルランド氏は「幸運にも20年以上にわたってグレートバリアリーフでサンゴの産卵を目撃、記録してきました。それでも毎年がとても特別です」と喜びのコメントを寄せた。

グレートバリアリーフ海洋公園局のチームサイエンティスト、デビッド・ヴァッケンフェルト博士は「毎年確認される新たなサンゴの誕生は、気候変動によって困難な状況にあるものの、未来にはまだ希望があることを示しています」と述べる。

一方で「私たちはいますぐに行動をおこさなければなりません。世界中の人々の行動により、美しいグレートバリアリーフを未来の世代に残す役割を担うことができます」と、喜びとともに未来への警鐘を鳴らすメッセージを寄せた。

問い合わせ先/クイーンズランド州政府観光局
https://www.queensland.com

※掲載している情報は、2020年12月10日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends