京都伝統工芸を串野真也が「スノーピーク」らしく表現 コラボ商品が京都嵐山店で限定販売

スノーピーク×京都伝統工芸のコラボ商品すべてを並べた写真

株式会社スノーピークは、築100年以上の日本建築をリノベーションした直営店「スノーピークランドステーション京都嵐山」にて、京都伝統工芸工房とのコラボレーションアイテム4種の発売を開始した。蛇目傘、茶筒、一輪挿し、ルームシューズはどれも、和の魅力をモダンに表現した商品ばかりだ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.12.08
FASHION
編集部オリジナル

一足一足が熱帯雨林の再生につながる 時代を超えて愛されるスニーカー「カリウマ」

Promotion

「京都伝統工芸工房×スノーピーク」 和の魅力に新たな価値を

スノーピーク×京都伝統工芸のコラボ商品すべてを並べた写真

株式会社スノーピークは、京都伝統工芸工房とのコラボレーションアイテム4種を「スノーピークランドステーション京都嵐山」限定で2020年11月7日に発売した。

商品は蛇目傘、茶筒、一輪挿し、ルームシューズの4種で、それぞれ日本を代表する伝統工芸工房とのコラボレーションによって生み出されている。

ディレクターに迎えられたのは、京都を拠点に活動し、レディー・ガガも靴を愛用していることで知られるデザイナー・アーティストの串野真也氏だ。

世界に誇る京都の伝統技術が生み出す美しい逸品を、スノーピーク独自の視点でアップデート。京都という土地の魅力を紹介しながら、新たな人生価値を提供するというコンセプトだ。

洗練された手仕事が生み出す繊細な品々

蛇目傘のアップ写真。先端部分にはロゴが記されている

蛇目傘(全長76cm、展開時直径110cm) 60,000円(税別)

創業300年を超える「和傘屋辻倉」とつくりあげたのは、細身の骨組みで、洗練された蛇目傘。竹、木、糸と天然素材のみを使用した骨組みに、和紙を貼る作業は一本一本手作業。和紙に植物性の油を引いた撥水加工で、雨傘として使用できる。

茶筒とキャップを並べた写真

茶筒(直径3.9×H11.8cm) 25,000円(税別)

持ち運びサイズの茶筒は「開化堂」とのコラボレーション。2人分のコーヒー豆(約30g)が入り、計量カップを兼ねているふたで約10gのコーヒー豆を計量できる。

嵐山を巡る体験プラン「Snow Peak GO」ではコーヒー豆を入れてもらえる。

一輪挿しの上部のアップ。スノーピークならではのカラビナが取り付けられている。

一輪挿し 掛けタイプ(直径4.5×高さ17cm) 13,000円(税別)※±2cm程度の個体差あり 置きタイプ(直径10×高さ13cm) 18,000円(税別)※±2cm程度の個体差あり

「朝日焼」と生み出した一輪挿しは、岩からそのまま切り出したような力強さと洗練を併せ持つ特注の一品。朝日焼ならではの味わいを生かしつつ、遊び心も感じる。

ルームシューズの白抜き写真

ルームシューズ(S、M、L) 48,000円(税別)

木型からオリジナルでおこしたルームシューズは「細尾」とのコラボレーション。西陣織の魅力と可能性を世界に発信する、細尾製の西陣織とやわらかなラム革を組み合わせた、和洋折衷のデザインだ。

築100年の歴史的建物をリノベーション 新しい体験価値を

スノーピークランドステーション京都嵐山の店内

2020年にオープンした「スノーピークランドステーション京都嵐山」は、築100年以上の日本建築をリノベーションし、キャンプギアやアパレルを豊富に取り揃える直営店だ。カフェも併設され、きもの専門店「やまと」のショップインショップでは、きもののレンタルもできる。

モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」の宿泊プラン、嵐山を巡る体験プラン「Snow Peak GO」など、単なるショップに止まらず、街全体を楽しむことのできるサービスも用意されている。

スノーピークは、店舗とこれらのサービスを通じ、野遊び×日本文化の新たな体験価値を提供していくとしている。

問い合わせ先/スノーピークランドステーション京都嵐山
https://www.snowpeak.co.jp/landstation/arashiyama/

※掲載している情報は、2020年12月8日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends