ACTION

パンダの町から竹の未来を発信 「南紀白浜パンダバンブーEXPO.2020」開催

ジャイアントパンダ6頭が暮らす和歌山県「パンダの町 白浜」で、竹の循環利用や未来について世界に発信するイベント「南紀白浜パンダバンブーEXPO.2020」が2020年12月19日から開催される。竹の可能性をテーマにした講演や、アートイベントが行われる。

2020.11.24

パンダが食べ残す竹資源の循環利用へ 「南紀白浜パンダバンブーEXPO.2020」

南紀白浜パンダバンブーEXPO.2020

12月19日から、パンダの町「白浜」を舞台に、竹の循環利用や未来について発信するイベント「南紀白浜パンダバンブーEXPO.2020」が開催される。

12月19日、20日には、竹の専門家やアーティストたちが集い、竹の持つ可能性や価値、未来をテーマに講演するシンポジウムイベントを開催。オンラインでのライブ配信により世界へ発信される。

12月19日〜1月17日までは、白浜全域の観光地や施設などにアート作品を点在させる屋外アートイベントが開催される。

夜は「竹あかり」と呼ばれる作品があかりを灯し、昼夜での表情の違いを楽しむことができる。これらの竹あかりは、事前ワークショップにて地域の人たちの手によってつくられたものが使われる。

ジャイアントパンダ6頭が暮らす和歌山県「パンダの町 白浜」。彼らパンダが食べない竹幹は年間100tにもおよぶと言われる。

竹資源の有効活用を発信していくことで、循環型社会のモデルケースとなり、持続可能な豊かな社会づくりの一歩へとつながっていく狙いだ。

開催概要

南紀白浜パンダバンブーEXPO.2020

詳細

竹の循環利用や未来について発信するイベント

会場

和歌山県西牟婁郡白浜町

住所

〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町

開催日時

2020年12月19日 〜 2021年1月17日

開催予定状況

予定通り開催

発売状況

発売中・空席あり

出演者

エローラ・ハーディ/佐藤研一/松原幸孝/田澤恵津子/若山太郎/橋口博幸/陶器浩一/池田親生/三城賢士/川渕皓平/保坂俊彦/カスパー・シュワーベ/中尾建子  特別演奏:竹凛共振

主催者

南紀白浜パンダバンブーEXPO.実行委員会

「パンダバンブーシンポジウム〜TERASU〜」 開催日程:2020年12月19日13:00〜18:00/12月20日10:30〜13:30 「パンダバンブーアートフェス〜TOMOSU〜」 参加日程:2020年12月19日〜2021年1月17日 ※公式HPは12月初旬に公開予定

お問い合わせ先/南紀白浜パンダバンブーEXPO.実行委員会
https://panda-bamboo.jp/
※公式HPは12月初旬公開予定
https://twitter.com/PandaBambooEXPO
https://www.facebook.com/PandaBambooExpo
※掲載している情報は、2020年11月24日時点のものです。

Read More

  • クリスマスや秋のギフトに 孟宗竹でできた「リヴェレット」のワイングラス「ブルゴーニュ」

  • 絶滅危惧種の動物をデザイン! WWFのオリジナルスタンプ「WITH STAMP」の生産が再開

  • ついにブラシ素材が植物由来に ヴィーガン歯ブラシ2020年秋発売

Latest Articles

ELEMINIST Recommends

  • 黄えんどう豆100%麺を抽選でプレゼント! 2021年からはじめるプラントベース入門レシピ

    Promotion
  • 肉食に潜む環境負荷を学べる動画「ステーキの隠れたコスト」公開 交通機関より多くの温室効果ガスを排出

  • SDGsを取り入れた現代アートが展示 リサイクルガラスの枯山水を玄関に

  • 「海とサステナブル」を語りつくす「リビエラSDGsフェス」開催

  • 「音×禅×食」がテーマ カルチャーフェスティバル「MUSO Culture Festival 2021」が開催

  • 森星の自室がスクランブルスクエアに再現 「city shed」ポップアップショップレポート

  • 柴咲コウがインスタライブを配信 「MES VACANCES」ポップアップストア開催に合わせ

  • 在庫ロスを解決する蚤の市「PASS THE BATON MARKET Vol.4」開催