長坂真護の常設ギャラリー「MAGO GALLERY GINZA」がオープン ガーナのスラム街の電子ごみを利用

ガーナのスラム街に積み上がる先進国の電子ごみをアートに利用し、現地の環境問題と人権問題の解決に取り組む美術家、長坂真護の作品を観賞し、購入できる常設ギャラリーが11月12日に銀座にオープンする。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.11.12
FASHION
編集部オリジナル

今春も続々登場!リサイクル素材「エコペット®」でできた最新ファッション

Promotion

「サステナブル・キャピタリズム」を合言葉に 「MAGO GALLERY GINZA」がオープン

MAGO GALLERY GINZA

ガーナの環境問題と人権問題の解決に取り組む美術家、長坂真護。同氏の作品を観賞・購入できる常設ギャラリー「MAGO GALLERY GINZA」が11月12日に銀座にオープンした。

長坂真護は「サステイナブル・キャピタリズム(持続可能な資本主義)」を合言葉に、アート制作を行う美術家だ。作品には、ガーナの首都近郊のスラム街、アグボグブロシーに投棄された電子ごみを利用している。

MAGO GALLERY GINZA

彼は、2017年にアグボグブロシーを訪れ、1日わずか500円の日当で先進国が捨てた電子機器を燃やして生きる人々を目の当たりにし、強い問題意識を持った。

そして、美術の力をもってその真実を先進国に伝えることを決意。ごみをアートという精神性に置き換え作品にし、その利益をアグボグブロシーの人々に還元。現地の生活の質を向上させる循環の仕組みをつくり出した。

いまでは現地のスラム街での雇用の創出、無料の学校運営、アートミュージアムの開館を実現しており、2030年にはリサイクル工場を建設する目標を掲げている。

MAGO GALLERY GINZA

電話番号

03-6264-5866

住所

〒104-0061 東京都中央区銀座7-4-6 ACN銀座7丁目ビルディング5階

営業時間

月、火、水、木、金 11:00 ~ 18:00

定休日

土、日、祝

状況により、営業時間が変更になる場合あり。

お問い合わせ先/MAGO GALLERY
https://www.magogallery.online/blank

※掲載している情報は、2020年11月12日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends