SOCIETY

サブスクリプションエコノミーの意味とは 具体例をわかりやすく解説

サブスクリプションエコノミーとは、製品やサービスを一定期間利用し、その期間に応じた代金を支払う経済モデルのこと。本記事では、昨今よく耳にすることの多い「サブスク」「サブスクリプション」などの言葉や、サブスクリプションエコノミーの具体例、メリット、デメリットを紹介する。

2020.11.26

サブスクリクションエコノミーの意味とは

サブスクリプションサービスのイメージ

Photo by Matthew Guay on Unsplash

サブスクリプションエコノミー(subscription economy)とは、製品やサービスを利用する権利を数か月や数年などの一定期間借り、その借りた期間に応じた利用料金を支払う経済モデルのこと。

これに対し、従来の製品やサービスを購入する経済モデルは、プロダクトエコノミー(product economy)と呼ばれる。

サブスクリプションエコノミーを示す言葉の短縮形として、「サブスクリプション(subscription)」または「サブスクリプション方式」、「サブスク」などが使われることが多いが、サブスクリプションは、定額制、会費、予約購読、予約金などを意味する言葉である。

従来は製品やサービスを利用する際は、買い取ることが当たり前であったが、このサブスクリプションエコノミーが広まってからは、ものを所有せず、必要なときにのみ利用することができるようになった。

いつからどこで始まった?

サブスクリプションエコノミーの歴史は古く、17世紀のドイツで出版社が事前に集金する予約販売の形を取り、百科事典を制作し、販売したのが発祥と言われている。

現在のサブスクリプションサービスの流れをつくったのは、1999年にアメリカで創業されたクラウドサービスを提供する会社「salesforce.com(セールスフォースドットコム)」だと考えられる。

日本で広く一般に知られるようになったのは、2015年にNetflix(ネットフリックス)が、2016年にSpotify(スポティファイ)がサービスを開始してからである(※1)。

その後、インターネット経由でのサブスクリプションサービスはさまざまな分野に広がり、外食産業や物販などの分野でもサブスクリプションサービスの展開が行われるようになった。

サブスクリプションエコノミーの具体例4つ

定額動画配信サービスのイメージ

Photo by freestocks on Unsplash

Netflix(定額動画配信サービス)

2007年に動画配信サービスを始めたNetflix(ネットフリックス)。2016年には中国を除く全世界に進出し、2019年以降は動画の配信だけでなく、オリジナルコンテンツの制作もスタートしている。配信作品数は非公開だが、映画、ドラマ、バラエティなど、豊富な取り揃えだ。

Netflixの月額利用料は、ベーシックプランが880円、スタンダードプランが1320円、プレミアムプランが1980円。料金の違いは、同時視聴できる台数の違いで、ベーシックでは1台のみだが、スタンダードでは2台、プレミアムでは4台で同時視聴が可能となっている(※2)。

Spotify(定額制音楽配信サービス)

「Spotify(スポティファイ)」とは、2006年にスウェーデンで始まった音楽配信サービス。無料の「Spotify Free」と、有料の「Spotify Premium」から選ぶことができ、どちらのプランでも、Spotify上に用意された、5000万曲もの楽曲を楽しむことができる(※3)。

「Spotify Premium」のStandardは月額980円、Studentは月額480円で1つのアカウントを利用できる。このほか、2つのアカウントを利用できるDuoが月額1280円、最大6つのアカウントを利用できるFamilyが月額1480円で用意されている。

Spotifyでは、ユーザーが好きな曲を集めて「プレイリスト」をつくることができるのが特徴。プレイリストは無料でも利用できるが、オフライン再生ができない、好きな順に再生ができない、途中で音声広告が流れる、などの理由から、ストレスなく音楽を楽しみたいと月額制のプレミアムプランを選ぶユーザーが多いようだ。

Oisix(食材の定期便)

「Oisix(オイシックス)」は、2000年に始まったeコマースサイト。さまざまな食品を選んで、都度、単品購入することもできるが、サブスクリプションサービス「定期ボックス」を利用すると、毎週決まった曜日に食材を配送してもらえる。

サブスクリプションサービス「定期ボックス」の利用料は5000円程度。コースは、3000点もの取り扱い商品の中から旬の野菜や食材が選ばれて送られてくる「おいしいものセレクトコース」、本格的な料理を手早く作れる食材キットを提供する「Kit Oisix献立コース」、乳幼児向けの食材キットや時短商品の「プレママ&ママコース」の3種類から選ぶことができる(※4)。
※掲載している情報は、2020年11月26日時点のものです。

Shopping

Latest Articles

ELEMINIST Recommends

  • 黄えんどう豆100%麺を抽選でプレゼント! 2021年からはじめるプラントベース入門レシピ

    Promotion
  • 渋谷における食のバリアフリーを推進 「Shibuya Vegan Friendly公認ロゴマーク」使用申請の受付が開始

  • 紙への切り替えだけでは足りない イギリスのマクドナルドがLoopと提携、再利用可能カップの導入を発表 

  • ヴィーガンに人気の国・都市ランキング2020発表 ロンドン、ベルリンを抑えて1位になった街は?

  • バーチャルモデルimma氏がカンボジアで実感した「女性の問題」

  • 建築時の廃材はほぼゼロ スターバックスがサステナブル店舗の建設を発表

  • 海洋ごみを回収し分解 巨大なフローティングステーションが海を救う

  • Vol.6 自作コンポストなら材料選びから 愛情芽生える土の育成の一部始終