ダイヤモンド採掘の労働者を支援「MIO HARUTAKA」が収益の一部の寄付を発表

株式会社ビジュードエムは「MIO HARUTAKA」の売り上げの一部をNPO法人ダイヤモンドフォーピースへ寄付することを発表した。寄付金はアフリカをはじめとする途上国のダイヤモンド採掘・製造に携わる労働者の支援に役立てられる。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.05.22
FASHION
編集部オリジナル

一足一足が熱帯雨林の再生につながる 時代を超えて愛されるスニーカー「カリウマ」

Promotion

ジュエリーブランド「MIO HARUTAKA」、ダイヤモンド採掘労働者を支援

ダイヤモンド採掘労働者

Photo by MIO HARUTAKA

2020年4月22日のアースデイより、株式会社ビジュードエムは「MIO HARUTAKA」の売り上げの一部をNPO法人ダイヤモンドフォーピースへ寄付することを発表した。

「MIO HARUTAKA」は、ジュエリーブランド「ビジュードエム」が2018年にリブランディングを行いデビューしたエクスクルーシブライン。

ダイヤモンドフォーピースの代表理事である村上千恵の活動に共感し、 ダイヤモンドフォーピースのメンバーとの出会いにより、社会貢献ブランドとしての活動を実現する運びとなった。

ダイヤモンド業界のサプライチェーンにいる労働者の労働環境改善・社会的地位の向上を図ること、そしてダイヤモンド業界における取引が、道徳的で公平なものになるよう働きかけることをミッションに掲げている。

ダイヤモンドフォーピースの活動

ダイヤモンド 採掘

Photo by ダイヤモンド・フォー・ピース

ダイヤモンドフォーピースは「ダイヤモンドが人道・環境配慮の上、採掘・カット・製造される会社」を目指して活動している国際協力NGO。寄付金は、アフリカをはじめとする途上国における、ダイヤモンド採掘・製造に携わる労働者の労働環境改善や社会的地位向上の支援に役立てられている。

ダイヤモンド

Photo by ダイヤモンド・フォー・ピース

デザイナーMIOからのメッセージ

「世界の消費行動や価値観の変化を日々見つめながら、とくに宝飾品を扱う者として、ビジネスのあり方を見直す必要があると感じはじめました。天然石は、自然が生み出した神からの贈りもの。その物語をきちんと伝えられるジュエリーでなくてはと思います。

ダイヤモンドを採掘する人々にもきちんと富を還元できてはじめて、ビジネスとして成立していると考えるようになりました。 宝飾を購入する価値は、自らを輝かせるだけでなく、物語の最初の伝承者になることであり、また豊かさを社会に還元することでもある、という形を目指しています」

デザイナーMIOの経歴

グラフィックデザイナーの父とジュエリーデザイナーの母のもとに生まれ育ち、20歳の時にジュエリーのデザインに初挑戦。2011年、ジュエリーブランド「ビジュードエム」を立ち上げ、2018年エクスクルーシブライン「MIO HARUTAKA」をスタート。

「ビジュードエム」商品紹介

合わせて紹介したい「ビジュードエム」の新作ではジェンダーレスなシリーズが発売された。オケージョンだけでなく、デイリーユースにも楽しめるビジュードエムのデイリーシリーズに、ハッピーな気分を誘う新作ジュエリーが続々登場している。

ビジュードエム新作ネックレス

バロックパールネックレス 63,000円・オープンハートネックレス L 156,000円/ ビジュードエム

オンライン限定のミニピアスは、色とりどりのストーンが輝くミニレインボーや、シンプルで上品なダイヤモンドのミニフラワーなど。さりげなさが宿る小さなサイズは、長時間つけていても気にならず、おうち時間のおしゃれを楽しませてくれる。

ミニミニフラワーピアス

ミニミニフラワーピアス 53,000円/ ビジュードエム(公式オンラインショップ限定)

ミニレインボーピアス

ミニレインボーピアス 26,000円/ ビジュードエム(公式オンラインショップ限定)

さらに注目のアイテムはジェンダーレスに楽しめるパールネックレス。Tシャツやニットの胸元にさらりと合わせるシンプルコーデは、男性も楽しめるはず。素材には淡水パールを使用し、お手入れの手軽さにも心配りがある。

パールネックレス

ジェンダーレス パールネックレス 42,000円/ ビジュードエム

問い合わせ先

ビジュードエム

https://www.bijou-de-m.com/ja/

ダイヤモンド・フォー・ピース

https://diamondsforpeace.org/

※掲載している情報は、2020年5月22日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends