イケアが提案するブラックフライデーならぬ「#BuybackFriday」 家具の買取を強化

「イケア・ジャパン株式会社」の親会社である「Ingkaグループ」は、買い物客の増えるブラックフライデーに、家具の買取キャンペーン「#BuybackFriday」を実施する。中古家具を買い取り、再び活躍させることで循環型社会の実現を目指す。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.10.20
EARTH
編集部オリジナル

牛への愛がおいしさになる 未来へつながる酪農のかたち「ピュアナチュール™ オーガニックヨーグルト」

Promotion

ブラックフライデーに中古家具の買取 イケア「#BuybackFriday」

中古家具を運ぶ男女

「イケア・ジャパン株式会社」の親会社である「Ingkaグループ」は「#BuybackFriday(バイバックフライデー)」と称した家具買取りキャンペーンを実施することを発表した。

#BuybackFridayは、世界中において1年でもっとも買い物客が多い日とされる「ブラックフライデー」に合わせたものだ。

日本では「サステナブルウィーク」と称し、11月26日から12月6日にかけて開催される。

77年の歴史上初めての試み イケアの循環型社会への挑戦

今回のキャンペーンは世界27カ国のイケアストア合同で行う予定で、イケアにとって77年間の歴史において初めての試みとなる。販売が難しいと判断された製品は責任を持ってリサイクルされる。

現在、世界全体の二酸化炭素排出量の45%は、家具などを含む日用品の生産や使用方法が原因とされている。昨年は回収した商品を再梱包、再販売し、4,700万点の商品に第二の人生を与えることにつながった。

イケアは、このキャンペーンを通してサステナブルな消費行動を促し、モノの消費から生まれる環境への影響について考える機会を提供していく。

廃棄物をなくし、修理、再利用、修繕、そしてリサイクルをするという循環をつくり上げていくことがビジョンだ。

問い合わせ先/イケア・ジャパン株式会社
https://www.ikea.com/jp/ja/

※掲載している情報は、2020年10月20日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends