SOCIETY

「捨てにくい」なら環境保全へつなげよう 「ワコール ブラリサイクル」キャンペーン

下着メーカーの株式会社ワコールは、ユーザーからの「ブラジャーは捨てにくい」という声を拾い、環境保全へつなげる、ブラジャーのリサイクル企画「ワコール ブラリサイクル」を立ち上げ、2008年から継続的に取り組んでいる。全国750店舗で実施し、他社のブラジャーも回収対象としている。

2020.10.07

全国750店舗で実施 「ワコール ブラリサイクル」キャンペーン

ワコール ブラリサイクルキャンペーン画像

下着メーカーの株式会社ワコールは「ワコール ブラリサイクル」キャンペーンを2020年10月1日から2021年3月31日まで開催する。

実施は、国内の百貨店、下着専門店、ワコール直営店、グループ会社などを中心に、約750店舗と全国規模。

なお、回収対象には、ワコール製品だけでなく他社製品も含まれる。

「捨てる」から「再生」へ ユーザーの声を環境保全へつなげる

ブラリサイクルの流れ

「ワコール ブラリサイクル」は「ブラジャーは捨てにくい」というユーザーの声から生まれた、ブラジャーの回収・リサイクル企画だ。

ワコールは、不用になったブラジャーの取り扱いも企業の責務と考え、ユーザーの「捨てにくい」を解決しながら、環境保全活動の一環として2008年から継続的に取り組んでいる。

新たにスタートする「ワコール ブラリサイクル」は、ひとりでも多くのユーザーが、気軽に参加できるよう、回収期間を6ヶ月間と昨年より2ヶ月長く設定。

自宅にある紙やビニールなどの袋に不用になったブラジャーを入れ、実施店舗へ持参することで、回収してもらうことができる。

さらに今年からは、日本環境設計株式会社のリサイクルプロジェクト「BRING」に参加。回収したブラジャーを、生活雑貨などのパーツに生まれ変わらせる。

問い合わせ先/株式会社ワコール
https://www.wacoal.jp/
※掲載している情報は、2020年10月7日時点のものです。