子ども服の悩みを情報シェアで解決 コミュニティサイト「KIDSROBE LOUNGE」

子ども服のシェアリングサブスクリプションサービス「KIDSROBE(キッズローブ)」は、ユーザーが写真を投稿したり、情報を交換できる公式コミュニティサイト「KIDSROBE LOUNGE(キッズローブ ラウンジ)」をスタートした。子育て世帯が抱える悩み解決の場を目指す。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.09.29
BEAUTY
編集部オリジナル

化粧品業界の闇 「世に出る化粧品の約50%は廃棄」の悲しい現実

“おさがりシェア”でつながるコミュニティ「KIDSROBE LOUNGE」

KIDSROBE LOUNGE イメージビジュアル

子ども服の“おさがりシェア”サービス「KIDSROBE(キッズローブ)」が、ユーザー同士の情報交換が楽しめる公式コミュニティサイト「KIDSROBE LOUNGE(キッズローブ ラウンジ)」を9月16日にスタートした。

コミュニティサイトの画面

KIDSROBE LOUNGEでは、“おさがりシェア”でゆずり合った子ども服の写真などを投稿できる。子ども服を通じて同じ価値観を持つ者同士がつながる、新たな顧客体験を提供する目的だ。

「着れない服を次の人へ」 家族にも地球にもやさしい選択

「KIDSROBE」を展開するのは「Play fashion!」をミッションに掲げる株式会社アダストリア。「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など人気ブランドを展開するファッションチェーンだ。

サイズアウトで着られなくなった服をシェアしあうことができる月額制オンラインシェアリングサービス「KIDSROBE」は、子育て世代が共通して抱える「どんどん成長してもう着られなくなった」といった悩みを解決するソリューションとなってきた。

「家族にも地球にもやさしい選択」として支持され、コロナ禍における“おうち時間”で断捨離ムードが高まったことから、さらにニーズが高まっているという。

コミュニティサイトには「KISDROBE」利用ユーザーはもちろん、登録のみの無料会員も参加できる。これから利用を考えている人にとっては参考になるだろう。

問い合わせ先/株式会社アダストリア
https://www.adastria.co.jp/

※掲載している情報は、2020年9月29日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends