無料給水スポットアプリ「mymizu」がシーバス・ベンチャー日本代表として選出

東京を拠点とする、使い捨てプラスチックの消費量の削減を目的とした「mymizu(マイミズ)」 が、「Chivas Venture (シーバス・ベンチャー)」の日本代表として選ばれた。同コンテストは新型コロナウイルス感染症の影響により、優勝者全員に4万ドル授与する方式に変更された。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.04.22

mymizuが「Chivas Venture(シーバス・ベンチャー)」 のファイナリストに選出

テーブルの上のmymizu

東京を拠点とする、使い捨てプラスチックの消費量の削減を目的とした「mymizu(マイミズ)」 が、「Chivas Venture (シーバス・ベンチャー)」 の日本代表として選ばれた。「Chivas Venture」 は、シーバスブラザーズ社が主催する、社会企業家たちのグローバルコンペティション。名誉ある賞で受け取る4万ドルを「mymizu」 の成長と影響力の加速に使用する。

「mymizu」 の共同創立者・ルイスロビン敬は、受賞の喜びと決意をこう語った。「初日から応援してくださり私どもを前進させてくださったすべてのサポーターのみなさまに心より感謝申し上げます。新たなレベルに引き上げる資金として大切に使わせていただきます。世界中のパートナーおよび仲間とともに真正面からこの問題に取り組むため、私たちの力であらゆることを行うことを約束します。」

無料給水スポットを検索できるアプリ「mymizu」

「mymizu」 は、無料で給水できる場所(公的水飲み場およびパートナー店舗であるカフェ、レストラン、ホテル、お店等)をはじめ、日本国内で5,500箇所以上、世界各地で約20万箇所の給水スポットとユーザーを結びつけるプラットフォームである。

「mymizu」 は外出中どこにいても気軽に水が補給ができ、環境、健康、お財布にもやさしい。2019年9月のリリース以来、アプリは40ヶ国において25,000回を超えるダウンロードを記録。2020年初頭にリフィルトラッカー機能を追加し、9,000本を超えるペットボトルと3,000kgを超える二酸化炭素排出量の削減を追跡した。

問い合わせ先/mymizu
https://www.mymizu.co/

※掲載している情報は、2020年5月14日時点のものです。

Latest Articles

ELEMINIST Recommends