アーバンリサーチが考える新しいマーケット 「THE GOODLAND MARKET」ポップアップ

株式会社アーバンリサーチはURBAN RESEARCH DOORS南船場店に併設するキュレーションスペース「DOORS HOUSE」にて、ポップアップイベント「THE GOODLAND MARKET」を開催している。サステナビリティと感度を追求した異種複合型の新業態イベントだ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.08.26
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

まだ見ぬそれを共創するポップアップマーケット「THE GOODLAND MARKET」

THE GOODLAND MARKET

「URBAN RESEARCH DOORS 南船場店」に併設するキュレーションスペース「DOORS HOUSE」では、8月21日から9月3日まで「THE GOODLAND MARKET(ザ グッドランド マーケット)」のポップアップイベントが開催されている。

THE GOODLAND MARKETは「いまのそれではなく、まだ見ぬそれを共創するマーケット」をコンセプトに、サステナビリティと感度を追求した新しいプラットフォームストアを目指す、異種複合型の新業態だ。

イベントでは、ローンチ時にリリースした社内デッドストック衣料をリメイクし再構築したアパレルや、USEDの什器、家具、新作アイテムなどを展示。

デッドストック生地を使用したTHE GOODLAND MARKETオリジナル風呂敷がイベント開催中の購入者にプレゼントされる。

古いものに新しさを加え“本当に新しいもの”を追求する

地球儀の展示の様子

商品情報やラインアップは公式Instagramで紹介されているが、いくつかここでピックアップし紹介したい。

2017年に伊藤昌徳氏が富山県高岡市で開始したプロジェクト「yes」とのコラボでは、作家やアーティストによる1点ものの作品や、再生製品が提供されている。

yesの展示作品

yesは「古いもの(old)×新しいもの(new)=本当に新しいもの(the new)」をコンセプトに、日本の伝統的な箪笥や木彫りの熊などを現代的なスタイルに落とし込んだプロジェクトだ。

奥原硝子製造所の作品

奥原硝子製造所は、現代の名工・桃原正男氏の工房。昭和27年に創業した老舗で、かつて工房があった那覇市の与儀(よぎ)から那覇市国際通りの「でんぶす那覇」に移り、琉球ガラスの伝統を守り続けている。

廃瓶を利用した再生ガラスによる製品づくりを行い、使いやすさにも定評のある工房だ。

“THE GOODLAND MARKET” pop up

詳細

会場

DOORS HOUSE ※URBAN RESEARCH DOORS 南船場店併設

住所

〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町4-4-4

開催日時

2020年8月21日 〜 2020年9月3日

開催予定状況

予定通り開催

問い合わせ先/株式会社アーバンリサーチ
http://www.urban-research.co.jp/

※掲載している情報は、2020年8月26日時点のものです。

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends