BEAUTY

エシカルで私だけのオンリーワンメイクブラシ「JACKS beauty line」

世界中のセレブレティのメイクを担当してきたグローバルメイクアップアーティストMiriam JACKSが生んだメイクブラシ「JACKS beauty line(ジャックス ビューティー ライン)」。環境や動物にやさしい素材を使い、エシカルで個性的なブラシを生み出している。

2020.08.19

メイクアップアーティストが生んだ個性豊かなメイクブラシ「JACKS beauty line」

さまざまな種類のブラシ

「JACKS beauty line(ジャックス ビューティー ライン)」は1本1本ハンドペイントされた個性的なメイクブラシを手掛けるブランドだ。

創設者は、グローバルに活躍するメイクアップアーティストのMiriam Jacks(ミリアム・ヤックス)。

国際的なセレブリティのメイクアップを手がけるミリアムは、多忙なショーのバックヤードで、一目で自分のものとわかるブラシがほしいと思ったことをきっかけにメイクブラシをつくり始めた。
ブラシとアートを表現したビジュアル

デザインだけでなく、スティックにはリサイクルウッドを使用し、ブラシに合繊毛を使ってヴィーガン仕様にするなど、エシカルなこだわりも注目を集めているブランドだ。

パウダーブラシ、リキッド&クリーム用ブラシ、コンシーラーブラシ、アイシャドウブラシなど全19アイテムをラインアップ。丈夫で長く愛用できると、プロの愛用者も増えている。

人工毛のブラシ&リサイクルウッドのスティックでエシカルに

人工毛のブラシ

プロが仕事で使用することを前提にスタートしたブランドだからこそ、ブラシは素材、形、毛量など何度も試作を重ねて決定した。

アニマルライツの観点から、動物毛は一切使用せず、最高グレードの人工毛のみを採用。用途により異なる種類の人工毛をブレンドし、ドイツ国内の職人が仕上げた。

獣毛アレルギーの人も安心して使用できるだけでなく、雑菌が繁殖しにくく獣毛独特の香りもしない。

さらに、人工毛を使うことは使用感にも大きなメリットが生まれる。毛の内部に水分や油分を吸収しないので、リキッド・クリームタイプのコスメに最適なのだ。

手入れもしやすく乾きが早いので、プロの現場で非常に重宝されるだろう。
スティックをペイントする様子

また、スティック部分は一点物のデザインになっており、リサイクルウッドにアクリル絵の具で1本1本ハンドペイントしている。

製造工程に雇用サポートを取り入れたサステナブルブランド

ペイントしたブラシを仕分ける様子

材料の他にも、サステナブルな取り組みを行っている。創業時には、ベルリンに住む場所や定職のない若者をサポートするベルリンの団体とパートナーシップを結び、ペイントの工程に携わってもらう取り組みを行なってきた。

7月からは、ベルリンを拠点とするMosaikという団体に出荷工程を引き渡し、障がいを持つ人々がフルフィルメント業務に携わっている。将来的には、この団体に注文の処理から配送までの工程をすべて引き継ぐ予定だ。

ブラシはしっかりとケアをして大切に扱えば、数年長持ちする。エシカルで、オンリーワンのJACKS beauty lineのブラシを、長く大切にする愛用品のひとつに加えてみては。
トラベルブラシセット

トラベルブラシセット パステル 23,100円

オンラインショップは現在9月の商品入荷に向けてリニューアル中のため、通常よりショートサイズのブラシが6本セットになったトラベルブラシセットのみの販売となっている。​

問い合わせ先/JACKS beauty line
https://jacksbeautyline-japan.com/
※掲載している情報は、2020年8月19日時点のものです。