洋服の染め直しプロジェクト「d&RE WEAR」 秋冬はチョコレートブランがテーマ

D&DEPARTMENT(ディアンドデパートメント)が2014年から続けている、洋服染め直しプロジェクト「d&RE WEAR(ディアンドリウェア)」。2020年秋冬のテーマカラーはチョコレートブラウン。着なくなった洋服を店舗に持っていけば、3ヶ月後には生まれ変わった服に出会える。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.08.20
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

「D&DEPARTMENT」による洋服の染め直し 秋冬はチョコレートブラウン

申し込みされた服

流行やブランドにとらわれず、もの自体の機能性やデザイン性、普遍性を見直し、ロングライフデザインの生活用品や家具を選定・販売する「D&DEPARTMENT(ディアンドデパートメント)」。

2000年創業時からのブランドミッションをファッションで表現したプロジェクト「d&RE WEAR(ディアンドリウェア)」では、シミや色あせで着られなくなってしまった服を、染め直しによって再び蘇らせる活動を行なっている。

チョコレートブラウンに染めた服

すでに8月13日(木)から、国内全店で2020年秋冬シーズンの参加受付がスタートした。

今年のシーズンカラーはチョコレートブラウン。流行色のなかから、とろけるチョコレートのようなこっくりとした深みのあるブラウンが選ばれた。

赤みのあるブラウンは、黒はもちろん、ネイビーやグレーなどのベーシックカラーとも合わせやすく、さまざまなコーディネートを楽しめる。

なお、染め直しはシーズンカラーの他、定番カラーの黒とネイビーの3色からも選ぶことができる。

累計4,000着を蘇らせた「d&RE WEAR」

レスキューされた衣服

d&RE WEARは、2014年11月にリサイクル場からレスキューした衣服を染め直し、販売することからプロジェクトをスタートさせた。

翌年春から、参加者の持ち込みによる染め直しサービスを開始。毎年、春夏と秋冬のシーズンごとに定期開催している。

定期開催の他にも、藍染や泥染など日本各地の染め手法が体験できる、天然染料の特別染めも実施してきた。

ネイビーに染めた服

2017 特別染め AIZOME

d&RE WEARは、2015年春夏から2020年春の特別染めまでで計15回開催し、累計4,000着以上の染め直しを行なってきた。

料金は、シャツ・ブラウス・スカーフ・小物が3,500円、コートで6,000円とリーズナブル。染め上がり後の引き渡しはおよそ3ヶ月後となる。

長かったおうち時間に、クローゼットの断捨離活動を始めた人も多いだろう。いつか着るはずとしまってあった服を、この機会に蘇らせてみてはいかがだろうか。

d&RE WEAR 2020 AUTUMN&WINTER チョコレートブラウン
受付期間:8月13日(木)〜9月22日(火)
受け渡し:12月上旬
受付店舗:D&DEPARTMENT 国内8店舗
料金:
・シャツ・ブラウス・スカーフ・小物 3,500円
・スカート・パンツ 3,900円
・ワンピース 4,200円
・ジャケット 5,000円
・コート 6,000円
※上記以外のアイテムは各店舗へ要相談
申し込み方法:https://www.d-department.com/item/DD_TEXT_REPORT_758.html

問い合わせ先/D&DEPARTMENT
https://www.d-department.com/

※掲載している情報は、2020年8月20日時点のものです。

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends