再生可能エネルギーで走るSDGs列車 「阪急×阪神×東急」の連携企画

阪急阪神ホールディングス株式会社と東急グループが協働企画で、SDGsの達成に向けたメッセージを発信するラッピング列車「SDGsトレイン2020」を運行する。再生可能エネルギー100%で走るこの列車は、国や自治体、企業などと連携し、関東・関西で9月8日から運行開始予定だ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.08.17
SOCIETY
学び

エシカルマーケティングとは? メリットや実例をわかりやすく紹介

乗る人にSDGsを伝える「SDGsトレイン」 再生可能エネルギーで走る

SDGsトレイン車内ポスターデザイン

車内吊りポスター

阪急阪神ホールディングス株式会社と東急グループは、SDGsの達成に向けたメッセージを発信するラッピング列車「SDGsトレイン2020」を協働企画した。

国や自治体・企業・市民団体等と連携し、9月8日から同時に運行を開始する。

この列車は、阪急電鉄・阪神電気鉄道・東急電鉄の最新の省エネ車両を使用するとともに、走行にかかる電力をすべて、実質的に100%再生可能エネルギーで賄うと発表した。

阪急・阪神・東急それぞれが想いを込めたラッピング車両

未来のゆめ・まち号(阪急電鉄)

未来のゆめ・まち号(阪神電車)

未来のゆめ・まち号(上)阪急電鉄 (下)阪神電車

阪急阪神ホールディングスグループでは、今年5月に「阪急阪神ホールディングスグループ サステナビリティ宣言」を発表し、持続可能な社会の実現に向け、SDGsへの取り組みを進めてきた。

従来から取り組んできたグループの社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の10周年を機に、昨年5月からはSDGsトレイン「未来のゆめ・まち号」を運行している。

美しい時代へ号(東横線)

美しい時代へ号(田園都市線)

美しい時代へ号(上)東横線 (下)田園都市線

一方、東急グループでは「美しい時代へ」というスローガンのもと、鉄道事業を基盤とした「持続的なまちづくり」を行ってきた。

この活動では、社会課題の解決と事業成長の両方に取り組むとともに「公益財団法人東急財団」をはじめとするさまざまな社会貢献を行なっている。

今回の取り組みでは、ラッピング列車「美しい時代へ号」を運行する。

ヘッドマークデザイン/ドアステッカー

ヘッドマークデザイン/ドアステッカー

それぞれの車両には、共通デザインのヘッドマークやドアステッカー、車内吊りポスターを掲出。

阪急・阪神・東急が、共通のテーマを掲げたラッピング列車を東西で協働運行することにより、SDGsの認知度向上や、SDGs達成に向けた取り組みを広く社会に普及させる狙いだ。

ラッピング列車を見かけたら、写真を撮ってSNSでアップするなど、このような取り組みをみんなで拡散していきたい。

問い合わせ先/阪急阪神ホールディングス、東急株式会社
https://www.hankyu-hanshin.co.jp/
https://www.tokyu.co.jp/index.html

※掲載している情報は、2020年8月17日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends