アサヒユウアス「plaloopプロジェクト」始動 ホテルの使用済み歯ブラシを回収しリサイクル

「plaloopプロジェクト」の歯ブラシ

アサヒユウアス株式会社が、プラスチック素材を資源として有効活用する「plaloopプロジェクト」を7月8日から始動。第一弾として、ホテルのアメニティとして歯ブラシを開発し、使用済みになったものを回収してリサイクルし、再び歯ブラシに生まれ変わらせる取り組みを開始した。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2024.07.10
ACTION
編集部オリジナル

ELEMINISTおすすめアイテムが当たる!「くらしのサス活」キャンペーンSTART

Promotion

プラスチック素材の有効活用「plaloopプロジェクト」第一弾 ホテルの使用済み歯ブラシをリサイクルから製造まで循環

「plaloopプロジェクト」ロゴ

アサヒユウアス株式会社は、プラスチック素材を資源として有効活用する「plaloopプロジェクト」を7月8日から開始した。

第1弾はホテルのアメニティとして歯ブラシを開発し、使用済みの歯ブラシをホテルから回収した後、素材としてリサイクルし、再び歯ブラシなどを製造する取り組み。2024年の目標として年間100万本の導入を目指す。

今年5月からホテル日航つくばで試験的に展開をした際、全設置数の約4割の歯ブラシを廃棄することなく資源化することに成功。

また、宿泊客を対象にしたアンケート調査では約9割がこの取り組みに対して好意的だということがわかったという。

ホテルや福祉作業所と連携し、使用済みのプラスチック製品の回収からプラスチック素材へのリサイクル、さらにそのプラスチック素材を使った商品開発・製造・販売を一体化することで、プラスチック資源の循環を促進する。

プロジェクトの仕組み

さらに今後は歯ブラシだけでなくヘアブラシなども開発し、展開していくとしている。

6月には「plaloopプロジェクト」が、広島県が主導する「海洋プラスチック対策(プラスチック使用量削減等)・リーディングプロジェクト」にも選定された。今後は広島県内の宿泊施設などと連携し、プラスチック素材を活用した取り組みを推進していくとしている。

使い捨てプラスチック問題は世界的にも大きな課題のひとつ。国内の廃棄プラスチックの総排出量は年間約823万トンにもおよぶ。

その内、マテリアルリサイクルやケミカルリサイクルなど製品の原料へのリサイクルは約25%に留まり、約62%は焼却した際に発生する排熱を回収し、エネルギーとして利用するサーマルリサイクルによって処理されている。

そうしたなかで、アサヒユウアスは使用済みのプラスチック製品を回収し、素材へリサイクルする取り組みを通じて、プラスチック素材の循環活用を促進していこうとしている。

「plaloopプロジェクト」の歯ブラシ

アサヒグループでサステナビリティ事業を展開する「アサヒユウアス」

アサヒユウアスはアサヒグループにおける新たなサステナビリティ事業を展開する会社として、2022年1月に設立。リユースできる「森のタンブラー」やリキャップできるマイボトル「森のマイボトル」をはじめ、廃棄されてしまう食材などを原料としたサステナブルクラフトビールの製造に取り組んできた。

またイベントで使用したプラスチックカップを集めてアップサイクルする企画のプロデュースにも取り組んでいる。今後もステークホルダーとの共創を通じてサステナブルな商品・サービスの開発に取り組み、社会課題解決を目指していくとメッセージを発信している。

※:一般社団法人プラスチック循環利用協会資料「廃プラスチックの総排出量・有効利用量・有効利用率の推移」(2022年実績)より

お問い合わせ先/アサヒユウアス
https://www.asahi-youus.com/

※掲載している情報は、2024年7月10日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends