「ロエベ」余剰レザーを職人の手でアップサイクルしたサステナブルバッグ“フラメンコ サープラス”を発売

フラメンコ サープラス

ロエべから上質な余剰レザーをアップサイクルしたサステナブルバッグ「フラメンコ サープラス」が今月リリースされる。職人の手によって生み出される紋様は、岩石層や地形など自然界を思わせる。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2024.06.18
ACTION
編集部オリジナル

ELEMINISTおすすめアイテムが当たる!「くらしのサス活」キャンペーンSTART

Promotion

ロエベのサステナブルバッグ「フラメンコ サープラス」発売

フラメンコ サープラス

ロエべから、創意とクラフトを組み合わせることでサステナビリティに取り組んだ、限定の「フラメンコ サープラス」が今月リリースされる。

上質な余剰レザーをロエベの職人の手で再利用することで、色とりどりの波うつような紋様が描かれ、バッグの柔らかく官能的なシルエットを覆い、自然界に向けた独創的なオマージュを表現している。

過去のコレクションの余剰レザーをアップサイクル

ロエベが継続的に取り組むサープラスプロジェクトの一環として生まれたフラメンコ サープラスは、過去のコレクションで余ったレザーを利用するもので、高い技術をもつロエベの職人たちがカットしたレザーを圧着して組み合わせ、その後、それぞれのパネルに革すきを施す。

これは表面から薄い層を取り除く技法で、そうすることで異なる色が波状に重なった層があらわれる。この質感のある層は、自然本来の美しさに想起されたもので、まるで岩石層や地形のようだ。

1980年代に発売され、2015年にクリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソン氏により新たにデザインされたフラメンコは、コイル状のノットでバッグを引き絞ると「フラメンコダンサーのスカート」のような表情があらわれることが特徴。

やわらかに変容するフォルムをもち、クラッチバッグとして、ショルダーバッグとして、あるいはクロスボディバッグとして身に着けることができる。

ロエベではすべてのコレクションにおいて、高品質で、環境負荷の低い素材を採用していて、用いるレザーの93%はレザーワーキンググループ(LWG)の認証を受けた製革業者から調達したもの。

2024秋冬プレコレクションのフラメンコ サープラスは、以下の4種の配色が展開される。(すべて税込 377300円)

アップルグリーン/ペールイエロー

アップルグリーン/ペールイエロー

ライトベージュ/カリビアンブルー

ライトベージュ/カリビアンブルー

ライトセラドン/プル―ン

ライトセラドン/プル―ン

アボカドグリーン/ゴースト

アボカドグリーン/ゴースト

発売日:6月14日(金)
販売店舗:カサロエベ銀座、カサロエベ表参道、ロエべ 伊勢丹新宿店1F、阪急うめだ本店8Fのロエベ リクラフト

お問い合わせ先/LVMHファッション・グループ・ジャパン合同会社 ロエベ ジャパン
https://www.loewe.com/jap/ja/home

※掲載している情報は、2024年6月18日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends