「資生堂DE&Iラボサイト」オープン ジェンダー平等、女性活躍などをテーマに研究し発信

資生堂は2023年2月に多様な人財の活躍と企業成長の関係を研究する「資生堂DE&Iラボ」を発足。今年3月8日の国際女性デーに、研究結果や取り組みを社内外に公表するサイトをオープンさせた。多様なバックグラウンドを持つ人びとが持てる力を発揮し、イノベーションを生み続ける組織を目指す。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2024.03.12
BEAUTY
編集部オリジナル

化粧品業界の闇 「世に出る化粧品の約50%は廃棄」の悲しい現実

多様な人財の活躍と企業成長との関係を研究する「資生堂 DE&I ラボ」サイトオープン

サイトのイメージ

資生堂は「資生堂DE&Iラボサイト」を3月8日(金)にオープン。資生堂は2023年2月に多様な人財の活躍と企業成長の関係を研究する「資生堂DE&Iラボ(※1)」を発足。

このサイトは「資生堂DE&Iラボ」で得た研究結果および、同社のこれまでの取り組みや学びを社内外に公表することで、日本社会のDE&I推進に寄与することをねらいとしている。

資生堂は、企業使命「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(美の力でよりよい世界を)」のもと、多様なバックグラウンドを持つ人びとが持てる力を発揮し、イノベーションを生み続ける組織カルチャーづくりのためダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン(DE&I)を重要な経営戦略の柱と位置づけている。

先進企業としてDE&Iの実現による日本経済の成長促進への貢献を目指し、美容職の働き方改革や女性管理職育成プログラムなど、資生堂のこれまでの取り組みから得た学びを「ACTIONS」、東京大学の山口慎太郎教授のチーム(※2)と共同で進めている、多様な人財の活躍と企業成長の関係についての実証研究で得た結果を「RESEARCH」として公表していくとしている。

※1 多様な人財の活躍と企業成長との関係を研究する社内研究機関「資生堂D&Iラボ」を発足(2023年)
※2 同研究機関は、山口氏が主幹となり、奥山陽子氏(ウプサラ大学経済学部助教授/東京大学 CREPE招聘研究員)が共同研究者として参画している。

「資生堂DE&Iラボサイト」主なコンテンツ

ACTIONS:資生堂のDE&Iに関する取組みの紹介
※3月8日(金)公開

・美容職の働き方改革(前編)
・美容職の働き方改革~あれから10年~(後編)
・ビジネスにもDE&I視点を!マーケッター向けDE&Iインプットセッション
・女性管理職への意欲を向上させるキーアクション!~資生堂女性リーダー育成塾~
・多様な視点が生み出したイノベーション~ウエットフォース技術誕生秘話~

RESEARCH:DE&Iラボの実証結果
※4月8日(月)公開予定

・女性活躍からジェンダー平等へ~DE&Iでジェンダー不平等を乗り越える~

英語版サイト
※5月31日(金)公開予定

「資生堂DE&Iラボ」今後の展望

DE&Iラボでは、日本の積年の課題である「ジェンダー平等/女性活躍」を最初の重点テーマと捉えている。ジェンダー間にある格差を見極め、実効性の高い取り組みにつなげていくためには、より女性活躍推進の本質に迫る必要がある。そこで今後の研究では、組織のバイアスを可視化し、女性活躍推進への影響を検証していく方針だ。

また、女性に留まらず、年齢や国籍など多様なバッググラウンドを持った人財が持つ異なる価値観や考え方は、新たなイノベーションを生むと言われている。

一方でイノベーションの実現には、多様な人財による組織構成に加え、多様な意見や違いが尊重されるインクルーシブな組織づくりが必要である。

社内の実例からイノベーションを生むまでのプロセスを検証し、どのようなインクルーシブ因子がイノベーションにつながりやすいのか、そして企業成長につながるのか、といった「多様な人材の活躍と企業成長との因果関係」についても実証していく計画となっている。

資生堂の女性活躍推進

資生堂では、多様な人財の活躍がイノベーションを創出し、企業のさらなる成長と社員の自己実現につながると考えている。

資生堂グループは81.9%を女性社員が占めており、管理職の女性比率はグループ全体で 58.8%、日本国内では40.0%、取締役・監査役の女性役員比率は40.0%となっている(※3)。

さらに日本国内においては、2030年までにあらゆる階層における女性管理職比率を機会均等の象徴である50%にすることを目指している。

社外に向けても、日本企業の役員に占める女性比率の向上を目指す「30% Club Japan」(※4)の会長や、一般社団法人日本経済団体連合会のダイバーシティ推進共同委員長を、同社代表取締役 会長 CEOの魚谷雅彦氏が務め、日本社会全体のジェンダー・ギャップ解消への旗振り役としても活動している。

このように、社内外において女性活躍推進に積極的に取り組んだ結果、2023年には経済産業省が東京証券取引所と共同で女性活躍推進に優れた上場企業を選定する「なでしこ銘柄」を3年連続で獲得。「日経 WOMAN」の「女性が活躍する会社 BEST100」の1位に2年連続、「Forbes JAPAN」の「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2023」の企業ランキング1位に初めて選出された。

※3 管理職比率は2024年2月時点速報値、役員比率は2023年4月1日時点。
※4 2019 年に発足した日本企業の役員に占める女性割合向上を目指して活動するキャンペーン。

お問い合わせ先/資生堂
https://corp.shiseido.com/jp/

※掲載している情報は、2024年3月12日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends