WORDS Galleryが“海洋ごみ”をテーマにしたExhibition #04「Plastic Coast」を開催

Exhibition #04「Plastic Coast」

環境問題をモチーフとした作品を発表する「WORDS Gallery」はこれまで、気候危機や生物多様性をテーマにした作品展を開催してきたが、今回は海洋ごみをテーマに、4回目となるExhibition #04「Plastic Coast」を開催することが決定した。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2024.03.05
FASHION
編集部オリジナル

今春も続々登場!リサイクル素材「エコペット®」でできた最新ファッション

Promotion

WORDS Galleryが長崎県対馬市と連携 Exhibition #04「Plastic Coast」開催

Exhibition #04「Plastic Coast」キービジュアル

環境問題をモチーフとした作品を発表する「WORDS Gallery」が、海洋ごみをテーマにしたExhibition #04「Plastic Coast」を開催することが決定した。

同展は、場所を持たずにオンラインを起点に活動するWORDS Galleryが、WATOWA Galleryの協力の元、同ギャラリーの管理する渋谷のelephant STUDIOにて、2024年3月16日(土)〜3月24日(日)に、作品展を開催するというもの。

これまでのごみアートのような形とは異なり、アートであることを主軸として、環境問題を表現。

#03「Plastic Ocean」で広く取り上げた海洋汚染の問題から続き、プラスチックごみや漁業ごみが海洋汚染を深刻化させていること、そして、それらが島国である日本の海岸を埋め尽くす事態になっていることを取り上げる。

開催にあたり、日本の自治体でもっとも海洋ごみの漂着が多いと言われる長崎県対馬市が、実態の情報提供や視察、また、作品制作に取り入れた海洋ごみの提供に協力している。

会期:3月16日(土)〜3月24日(日)12:00〜19:00
※オープニング・レセプション:2024年3月16日(土)17:00〜19:00
入場料:無料
場所:elephant STUDIO 2F(東京都渋谷区渋谷2-7-4)
協力:WATOWA Gallery/後援:長崎県対馬市

参加アーティストと作品

同展には、Keeenue氏、松原光氏、山本ユフィ氏、Pimlico Arts Japan×花井祐介氏(二者によるコラボレーション作品の制作)の5名が参加。

どの作家も海の町に暮らすなどといったつながりがあり、本展の参加に至っている。作品の売上の一部は、長崎県対馬市の漂着ごみ撤去費用に寄付される。また、作品の一部には、実際に対馬に漂着したプラスチックごみが使用されている。

Keeenueの作品

1992年神奈川県藤沢市出身。壁画制作やペインティング作品の発表、アートワーク提供など国内外問わずさまざまな活動を展開。具象でありながら抽象絵画のような、独創的で鮮やかな世界観は鑑賞者のイマジネーションを誘発し、それぞれの捉え方や気づきを与える。NIKE、Facebook、SHAKE SHACK、ABC-MARTなど数多くのコラボレーションを手がけ、注目を集める。

松原光の作品

松原光/Hikaru Matsubara
https://www.instagram.com/hikaru_matsubara/

1988年生まれ。漁師などを経て、アーティスト活動をスタートする。グラフィカルな形とシンプルな線に少しのユーモアを交えた表現をするアーティスト。adidas、LACOSTE、POPEYE、BEAMS、SUNTORY等にアートワークを提供している。

山本ユフィの作品」

山本ユフィ/Yufi Yamamoto
https://www.instagram.com/yufiroofyart/

日本、韓国、ロシアにルーツを持つ気鋭のペインター。16歳で単身アメリカへ渡る。10年以上のカリフォルニア・ライフの中で培ったアートは、レトロスクールな色調、LAのストリート・サーフカルチャーからインスパイアされ、サイケデリックでポップかつアンニュイな雰囲気が特徴。

Pimlico Arts Japan×花井祐介の作品

Pimlico Arts Japan さいとうとおる(Pimlico Arts Japan×花井祐介)
https://www.instagram.com/pimlicoartsjapan/

リサイクラー。1979年神奈川県生まれ、葉山在住。2015年、ヨーガン・レールの展示と作品に感化され制作を開始。Pimlico Arts Japan名義で海に漂着した海洋プラスチックを素材にした作品づくりを行う。

花井祐介/Yusuke Hanai(Pimlico Arts Japan×花井祐介)https://www.instagram.com/hanaiyusuke/

1978年神奈川県出まれ。50~60年代のカウンターカルチャーの影響を色濃く受けた作風で、日本の美的感覚とアメリカのレトロなイラストレーションを融合した独自のスタイルを形成している。アメリカ、フランス、オーストラリア、ブラジル、台湾、イギリス、中国、香港、シンガポールなどで作品を発表。また、VANS、NIXON、BEAMSといったブランドへのアートワークの提供など、国内外問わず活躍の場を広げている。

WORDS Galleryについて

WORDS Galleryロゴ

「WORDS Gallery」は、コンセプトに社会問題(当面は環境問題)を掲げた作品を発表。アートから現実を想像し享受することのできる、鋭敏な感受性を与えることを目指している。

2021年より活動を開始し、これまで環境問題のなかから、気候危機をテーマにした#01「Climate Crisis」、生物多様性をテーマにした#02「Biodiversity」、海洋汚染をテーマにした#03「Plastic Ocean」といった作品展を開催してきた。

■#01 “Climate Crisis” – MOTAS./町田ヒロチカ/小磯竜也/SUGI
■#02 “Biodiversity” – 長尾洋/スズキエイミ/KURiO/花梨
■#03 “Plastic Ocean” – 鷲尾友公/松原光/Don Mak(Hong Kong)/Chou Yi(Taiwan)

また、2022年4月には、adidas Originalsフラッグシップストア原宿のリニューアルにて、店舗1FのインスタレーションをWORDS Galleryにて監修・プロデュース。このリニューアルオープンは、adidas Originalsが海洋ごみをアップサイクルして生まれた素材を使用した「adidas Originals by Parley」の発売と合わせたものだった。

お問い合わせ先/WORDS Gallery
https://words-gallery.com/

※掲載している情報は、2024年3月5日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends