ウテナとウエルシアグループ 人手不足に悩む高知県北川村のゆず農家をサポート

ゆず

株式会社ウテナは、ウエルシアグループとともに高知県北川村と包括連携協定を結び、ゆず産業の活性化に取り組んでいる。2019年から開始した収穫サポートは今年で5年目を迎え、今年は両社から総勢23名の社員が参加し、約3トンのゆず果実を収穫した。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.12.14
FASHION
編集部オリジナル

帝人フロンティア×ELEMINIST ニオイ対策ができて可愛く衣類を包める「ECOPET® ニットバッグ」誕生

Promotion

化粧品メーカーのウテナと、ドラッグストアのウエルシアグループがゆずの収穫支援

ゆず収穫サポートの様子

高知県北川村は、江戸時代からゆずの栽培を続ける日本有数のゆずの産地。北川村のゆずは、その品質の高さから、日本国内だけでなく世界からも評価されている。

しかし、人口減少とゆず農家の高齢化・後継者問題など、今後のゆず産業にはさまざまな課題があるのが実情だ。人手不足で、収穫時期に実を獲りきれないまま時期を終えなければならない年もあるという。

ゆず

ウテナとウエルシアグループは2019年から、ゆず果実の収穫支援を実施しており、北川村ゆずを使った商品を開発・販売している企業として、その商品に関わる産地が永続的に生産に取り組めるよう支援を続けている。

2023年11月14日、支援活動の一環として、ウテナ社員と、ウエルシアグループ社員が北川村へ伺い、ゆず果実の収穫に参加。

5回目となる今回の収穫支援では、ウテナ社員とウエルシアグループ社員総勢23名が、農園の方に指導を受けながら収穫に参加し、入り組んだ枝や、鋭いとげに苦戦しながらも、農園の方々が愛情を込めて育てたゆず果実を、約3トン収穫した。

ゆずの収穫支援

北川村産業政策課のコメント

「今回収穫が初めてという方も多かったですが、やり方をすぐに覚えて要領よくたくさん収穫していただきました。今年はゆずが豊作でとても農家だけでは収穫しきれない量だったので、みなさんにご協力いただけて本当に助かりました。こういった取り組みを通してゆずの産地というものを実感していただき、みなさんから応援いただければと思います」

ウエルシアグループ社員のコメント

「収穫ボランティアでは、高いところや枝が入り組んだところの実の収穫が想像以上に過酷でした。またゆず搾り体験では、ゆず果実1つから採れる果汁の量は非常に少なく、生産者の方の苦労を身をもって実感することができました。高品質な北川村ゆずについてふだんとは異なる視点に立って考えることができ、非常にいい経験となりました」

ウテナ社員のコメント

「ウテナでは『ゆず油』ブランド、『ユトワ』ブランドなどの自社商品に、北川村ゆずの種から抽出した『ゆず種子油』を使用していることは、社員全員が知っていますが、そのゆずの収穫がどれだけ大変かは、体験して初めてわかるものでした。

また、農家の方がゆずを使ったおすすめレシピをたくさん教えてくださり、改めてゆずは村の宝のような存在なのだと実感しました。今後も収穫支援や『北川学』での教育支援などを通して、北川村の活性化に貢献していきたいと思います」

これまでの取り組み

ヘアケアブランド「ゆず油」

ヘアケアブランド「ゆず油」

ウテナは、本来、捨てられるはずだった北川村のゆずの種から良質なオイルを抽出し、2016年からヘアケアブランド「ゆず油」に使用している。また、種の有効活用だけでなく、ゆず農家支援、子どもたちへのふるさと教育など、さまざまな課題解決にも取り組んでいる。

2022年に北川村×ウテナ×ウエルシア(ウエルシア薬局・よどや)の3者での包括連携協定を締結。今後もゆず製品の開発や、ゆず果実の収穫支援など、パートナーとして密接な連携を図り、ゆず産業を中心とした北川村の発展に取り組んでいくとしている。

中学生と共同開発「ユトワ ハンドクリーム」

ユトワ ハンドクリーム link

ユトワ ハンドクリーム 657円(40g)

ゆず産業の活性化の一環として、2023年11月1日に北川村ゆずを使った「ユトワ ハンドクリーム」を発売。「北川村のゆずを全国の人に知ってもらいたい」という北川村立北川中学校の生徒と協力し、化粧品メーカーのウテナが商品開発を、ドラッグストアのウエルシアが販売をサポートして共同開発した商品だ。商品を通して全国の人に北川村ゆずの魅力を伝えることで、過疎に悩む北川村を盛り上げていくとしている。

お問い合わせ先/株式会社ウテナ
https://www.utena.co.jp/

※掲載している情報は、2023年12月14日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends