オールバーズ史上最軽量・最低炭素排出モデル「SuperLight Wool Runner」が発売

SuperLight Wool Runner

「Allbirds(オールバーズ)」は史上最軽量で、もっとも低炭素な「SuperLight Wool Runner(スーパーライトウールランナー)」を2023年10月24日(火)に発売する。高度な技術で農地管理され、環境負荷を抑えた再生型農業で生産されたメリノウールのみ使用する。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.10.25
SOCIETY
編集部オリジナル

美郷町だからできる自然と共生するサステナブルな暮らし

Promotion

オールバーズ史上 最軽量・最低炭素排出「SuperLight Wool Runner」

「Allbirds(オールバーズ)」は史上最軽量で、もっとも低炭素な「SuperLight Wool Runner(スーパーライトウールランナー)」を2023年10月24日(火)に発売した。

2022年4月に発売した「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」によるAdidasとのパートナーシップから学んだことを活かし、あらゆる面で軽く、丁寧につくられた「SuperLight」シリーズに、メリノウールバージョンが登場する。

この「SuperLight」シリーズは、硬式野球ボールやスマートフォンと同程度の重量となり、これまでにAllbirdsが単独で製造販売したシューズのなかでもっとも軽量。またそれだけでなく、カーボンフットプリントももっとも低いシューズだ。これはインド産トウゴマからつくられたバイオベース素材に、窒素を注入することによって完成する「SuperLight Foam」によるものだ。

「SuperLight Wool Runner」は、高度な技術で農地管理され、環境負荷を抑えた再生型農業で生産されたメリノウールのみを使用。地球環境にも、足への負荷も低い、新しい履き心地を体験することができるだろう。

Tim Brown - Allbirds 共同創業者のコメント

「私たちは、魅力的で快適なフットウェアを提供すると同時に、製品のカーボンフットプリントを削減するために、常に取り組んでいます。サステナビリティで、かつイノベーションであるということです。今回のコアスタイルの再構築は、その考え方の現れです」

Jad Finck – Allbirds VP of innovationのコメント

「CO2排出量を削減することは、ミリ単位の勝負です。素材やパッケージ、エネルギー使用や輸送など、あらゆる部分が重要です。快適さとスタイルを犠牲にすることなく、 CO2排出量を最小限に抑えるために、スーパーライトコレクションのすべての素材、機能、ディテールを熟考しました」

「SuperLight Wool Runner」の詳細

SuperLight Wool Runner

製品概要

発売日:2023年10月24日(火)
販売店:Allbirds 原宿、Allbirds 丸の内、Allbirds大阪、オンラインストア
サイズ展開:22〜32cm
カラー:Dapple Grey, Natural Black, Natural White*
* Natural Whiteのみ 2023年12月発売予定
重さ: 145g (27cm)
カーボンフットプリント: 4.04kg CO2e
価格:16,500円(税込)

製品特長

▼ Allbirds単体で手がけた中で、最軽量で、もっともカーボンフットプリントが低く、環境にも足にも負荷の少ないシューズ。
▼ 再生型農業の高い技術と環境に配慮されてつくられたZQ認証メリノウールを採用。柔らかなぬくもりで、素肌にやさしい触り心地。さらに通気性にも優れ、ニオイがつきにくい。
▼ミッドソールには、 サトウキビ由来のグリーンEVAを使用した「SweetFoam®」の改良版、非常に軽量な「SuperLight Foam」を搭載。

カーボンフットプリントとは?

カーボンフットプリントとは、製品をつくるために排出されたkg CO₂eのこと。あらゆる温室効果ガスの排出量を、CO₂の排出量に換算したものです。
「Allbirds」では2020年4月より、全製品においてカーボンフットプリントを表示。製造過程における排出量ゼロを目指すとともに、食品のカロリー表示のように、「地球のためにCO₂e排出量を知る」が当たり前の世の中をつくります。
▼詳細はこちら:https://allbirds.jp/pages/sustainability

ストア情報

Harajuku Store
ストア名:Allbirds 原宿(オールバーズ原宿)
住所:東京都渋谷区神宮前1-14-34原宿神宮の森ビル1階
営業時間:11:00 ~ 19:00(不定休)

Marunouchi Store
ストア名:Allbirds 丸の内(オールバーズ丸の内)
住所:東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル1階105区
営業時間:11:00 ~ 20:00(不定休)
※ 日・祝日は10:00 ~ 19:00

Osaka Store ※〜2024年1月まで延長予定
ストア名:Allbirds 大阪(オールバーズ大阪)
住所:大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪南館5F
営業時間:11:00 ~ 21:00(不定休)

Online Store
URL:https://www.allbirds.jp/
送料:無料(日本国内のみ)
返品交換:30日以内であれば無料

Allbirdsのサステナビリティ

サッカーの元ニュージーランド代表のティム・ブラウンとバイオテクノロジーの専門家であるジョーイ・ズウィリンジャー。2人の異色のチームにより、2016年にサンフランシスコで誕生したのが「Allbirds(オールバーズ)」だ。

大きなロゴや派手なカラー、ケミカルな素材でつくられた従来のシューズ製造に疑問を持ち、着目したのが、ティムの母国であるニュージーランドのメリノウールだった。ティムは優れたメリノウールの可能性を信じ、ジョーイとタッグを組み、快適性とサステナビリティ、シンプルなデザイン性を兼ね備えた「Allbirds」が誕生した。

代表作である「Wool Runners(ウールランナー)」は最高級メリノウールが柔らかく足を包み込む。保温性、通気性、防臭性に優れたその快適性はもちろん、シューレースに再生ポリエステル、インソールにはヒマシ油、靴底はサトウキビから生まれた SweetFoam®を用い、カーボンフットプリントを抑えるといった環境配慮した徹底的なモノづくりを行ってきた。さらには洗濯機で丸洗いできるその利便性が共感を呼んだ。日々最新のテクノロジーを生み出しているシリコンバレーで支持を集め、アカデミー賞の受賞経験もあり環境活動家でもあるレオナルド・ディカプリオ氏が投資をし、その評価は世界中に広まった。

その後もユーカリ繊維でつくられた通気性と快適さをそなえたメッシュ構造の「Tree(ツリー)」シリーズ、100%植物性レザーの「Plant (プラント) 」シリーズを発売し、サステナブルで革新的な素材開発を行い、地球環境への負荷を考慮した現代社会に必要とされている商品を世の中に送り出している。

お問い合わせ先/Allbirds
https://www.allbirds.jp/

※掲載している情報は、2023年10月25日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends