LIFESTYLE

最高級のヒュッゲ体験を 三重県に「ノルディスク」が手がけるアウトドア施設が開業

アウトドアブランド「Nordisk(ノルディスク)」と三重県いなべ市、デンマーク大使館など全6団体が共創するプロジェクトが始動。2021年、アウトドアフィールド「Hygge Circles Ugakei by Nordisk」がいなべ市にオープンする。

2020.07.21

「ノルディスク」プロデュース ヒュッゲをテーマにしたアウトドアフィールド開業決定

センターハウスのイメージ

画像はイメージ

デンマーク発の人気アウトドアブランド「Nordisk(ノルディスク)」がプロデュースしたアウトドアフィールド「Hygge Circles Ugakei by Nordisk」が、三重県いなべ市に2021年オープンすることが決まった。この施設は、アウトドア好きを中心に支持されているライフスタイル「Hygge(ヒュッゲ)」を体感できることをテーマとしている。

ヒュッゲとは「豊かな時間の過ごし方や暮らし方、心の持ち方を表し、ほっと癒される心地よい時間と空間や、その体験を通して得られる幸福感」を指し、デンマークが語源となる言葉だ。ノルディスクが商標を登録しており、日本に浸透させてきた。
自然に囲まれた全体のイメージ

画像はイメージ

「宇賀渓の自然でHYGGEを描く」をコンセプトに、いなべ市の豊かな自然とノルディスクのヒュッゲの世界観を調和させた施設を目指す。自然を満喫できるキャンプエリアに加え、ノルディスクらしさを詰め込んだ常設テントのプライベートエリア、最高級のヒュッゲを体感できるコテージなどが用意される予定だ。

いなべ市が「SDGs日本モデル」宣言に賛同していることにより、アウトドアフィールドにおいても、多くのSDGsゴールが達成できるように取り組むという。

ノルディスク、いなべ市ほか4団体が参加 官民共同プロジェクト

キャビンのイメージ

画像はイメージ

今回の開業は、株式会社ノルディスクジャパンといなべ市が包括協定を締結したことから、その第一弾として企画された。互いの人的資源等を活用し、相互に幅広い連携・協力関係を構築しながら、地方創生の推進、観光促進、関係人口創出、人材育成などに取り組むことを目的としている。

両者の交流は、2019年に自然豊かないなべ市でノルディスクがユーザーイベントを開催したことをきっかけに始まった。
地上から見た様子

画像はイメージ

プロジェクトには、ノルディスクといなべ市の共同推進に加え、多くの団体が参加している。

デンマークを拠点とする建築会社「TREDJE NATUR(サードネイチャー)」、日本を拠点とするエンジニアリング会社「Structured Environment(ストラクチャード エンバイロメント)」、サステナビリティアドバイザーの「Henrik-Innovation(ヘンリック イノベーション)」、デンマーク大使館が提携し、官民の隔たりを超えて共創するグローバルプロジェクトだ。

アウトドア好きのみならず、自然に囲まれた空間でサステナブルな時間を過ごしたい人にとっても、待望の施設になりそうだ。

問い合わせ先/株式会社ノルディスクジャパン
https://nordisk.co.jp/
※掲載している情報は、2020年7月21日時点のものです。