「世界人口の推移」1950年から2022年まで 今後の予測も解説

シンガポールの都市の夜景

Photo by Lily Banse on Unsplash

1950年の世界人口はわずか25億人だったが、2000年には2.4倍の約61億人、2022年11月には世界人口が80億人を突破した。だが増加のペースは鈍化している。1950年から2022年までの約70年間におよぶ世界人口の推移を紹介し、今後の世界人口の予測も解説する。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.09.26
SOCIETY
学び

イベントや商品の魅力を広げる エシカルインフルエンサーマーケティング

世界人口の推移 1950年~2021年

世界人口は、18世紀半ばから19世紀頃の産業革命以降、急速に増加していった。国連による「世界人口推計-2022年改訂版」を参考に、1950年から2021年まで、世界人口がどのように推移したか紹介する(各年7月1日時点での推計値)。

世界人口前年比
1950年24億9932万人+1.73%
1951年25億4313万人+1.74%
1952年25億9027万人+1.93%
1953年26億4027万人+1.90%
1954年26億9197万人+1.98%
1955年27億4607万人+2.00%
1956年28億100万人+1.96%
1957年28億5786万人+2.05%
1958年29億1610万人+1.98%
1959年29億7029万人+1.70%
1960年30億1923万人+1.57%
1961年30億6837万人+1.66%
1962年31億2668万人+2.10%
1963年31億9577万人+2.27%
1964年32億6721万人+2.15%
1965年33億3711万人+2.08%
1966年34億641万人+2.03%
1967年34億7544万人+1.98%
1968年35億4681万人+2.08%
1969年36億2065万人+2.04%
1970年36億9539万人+2.05%
1971年37億7016万人+1.96%
1972年38億4480万人+1.96%
1973年39億2025万人+1.93%
1974年39億9551万人+1.88%
1975年40億6943万人+1.79%
1976年41億4256万人+1.77%
1977年42億1577万人+1.74%
1978年42億8965万人+1.74%
1979年43億6558万人+1.77%
1980年44億4400万人+1.79%
1981年45億2462万人+1.81%
1982年46億798万人+1.84%
1983年46億9188万人+1.77%
1984年47億7583万人+1.78%
1985年48億6173万人+1.78%
1986年49億5006万人+1.82%
1987年50億4098万人+1.82%
1988年51億3229万人+1.77%
1989年52億2370万人+1.76%
1990年53億1617万人+1.75%
1991年54億624万人+1.62%
1992年54億9268万人+1.56%
1993年55億7743万人+1.51%
1994年56億6072万人+1.46%
1995年57億4321万人+1.43%
1996年58億2514万人+1.40%
1997年59億648万人+1.37%
1998年59億8731万人+1.35%
1999年60億6775万人+1.33%
2000年61億4889万人+1.33%
2001年62億3074万人+1.31%
2002年63億1240万人+1.29%
2003年63億9389万人+1.27%
2004年64億7575万人+1.27%
2005年65億5817万人+1.26%
2006年66億4141万人+1.26%
2007年67億2594万人+1.27%
2008年68億1159万人+1.26%
2009年68億9830万人+1.27%
2010年69億8560万人+1.25%
2011年70億7312万人+1.24%
2012年71億6169万人+1.25%
2013年72億5059万人+1.22%
2014年73億3901万人+1.21%
2015年74億2659万人+1.17%
2016年75億1347万人+1.16%
2017年75億9982万人+1.13%
2018年76億8379万人+1.07%
2019年77億6495万人+1.03%
2020年78億4095万人+0.92%
2021年79億929万人+0.82%

2022年11月に世界人口が80億人を突破

2022年11月には、世界の人口が初めて80億人を超えた。世界人口1位の座を維持し続けていた国は中国だったが、インドがそれを上回った。日本のように人口が減少している国もあれば、インドのように、人口が増え続けている国もある。世界でみればやはり人口増加の傾向は続いていくようだ。

【2023年最新】世界人口ランキング 史上初80億人を突破、日本は12位に順位を下げる

関連記事

1950年から2000年 50年間で世界人口は2倍以上に

1950年の世界人口は約25億人。2000年は約61億人だったから、その50年間で人口が2.4倍にも増えた。2022年には世界人口が80億人を突破したため、過去72年間で3.2倍に増加している。

増加率は1963年の2.27%でピーク 2020年には1%を下回る

これまでの過去約70年の人口の推移を見ると、1980年代頃まで毎年、2%前後の増加率で増えてきた。増加率がピークを迎えたのは、1963年の2.27%だ。2000年になると1.2%前後の増加率になり、かつては「人口爆発」と言われていたが、その傾向にはブレーキがかかってきているのがわかる。

2020年には増加率が1%を下回った。これは1950年以来はじめてのことで、翌年の2021年には1%以下の水準となった。つまり、世界人口は増加傾向にあるものの、増加率は減少しているのだ。

今後の世界人口はどうなる?

世界人口が70億人に達したのは2010年。それから、80億人になるまで約12年だった。だが、世界人口の増加のスピードは鈍化しているため、90億人になるまでは約14年半かかり、2037年と見込まれている。そして、2080年代には世界人口が約104億人でピークとなり、2100年頃までその水準が維持されると予測されている(※2)。

予測される世界人口
2030年約85億人
2037年約90億人
2050年約97憶人
2080年代約104憶人
2100年頃約104憶人

増加する世界人口と考えるべき問題

ただ、世界人口がこれからも増え続けるなか、考えなければならない問題がいくつかある。

・世界人口が70億人から80億人になったとき、増えた10億人の約7割は低所得国・低中所得国だった
・世界人口が80億人から90億人になるとき、増える10億人の約9割は低所得国・低中所得国となるとみられる
・65歳未満で、2050年までに人口が増加するのは、低所得国と低中所得国だけ
・高所得国と高中所得国で、2050年までに人口が増加するのは、65歳以上だけ

いま人口が増加しているのは、低所得国・低中所得国のみで、高所得国・高中所得国では増加していない。また、高中所得国・高中所得国では少子高齢化が進んでおり、今後は65歳以上の人口が増加していく。

人口構成は国によって大きく異なっていくと考えられる今後。増加のペースは鈍化しても、今後も100億人以上まで世界人口は増えていくものとみられる。これからは、これまで以上に多様性を認めあい、格差について考えなければならない時代がやってくるだろう。

※掲載している情報は、2023年9月26日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends