自然由来スキンケア「五島の椿」シリーズ累計出荷数25万個突破記念キャンペーン

「五島の椿」シリーズ

長崎県五島列島の椿から発見された酵母などを原料化して自然由来でつくったスキンケアブランド「五島の椿」がシリーズ累計出荷数25万個を突破。五島列島の大切な資源である「椿」を中心とした産業と雇用を創出することを目指している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.09.05
EARTH
編集部オリジナル

地球を救うかもしれない… サキュレアクトが出合った「未来を変える原料」と新たな挑戦

Promotion

五島列島生まれの自然由来スキンケア「五島の椿」シリーズ累計出荷数25万個突破

「五島の椿」シリーズ

五島の椿株式会社が展開する、長崎県五島列島の椿の花、葉、実、種、花から発見された酵母などを原料化してつくったスキンケアブランド「五島の椿」が、2020年2月〜2023年7月までの販売で、シリーズ累計出荷数25万個を突破した。それを記念し、公式Instagramでプレゼントキャンペーンを実施している。

2020年2月に発売を開始した「五島の椿」スキンケアシリーズは、椿酵母せっけん(2サイズ)、椿酵母オイル(2サイズ)、椿の葉 保湿水の計3種類のラインアップ。

約9年間かけて、五島列島の椿を徹底的に研究し、椿葉からは世界初(※)の保湿成分「椿葉クチクラ(ツバキ葉ロウ/保湿)」、五島列島産の椿の花から発見された「椿酵母(サッカロミセスセレビシアエエキス/整肌)」の化粧品原料化に成功した。

この2つの化粧品原料の他、五島列島の特産品である椿オイルや、通常であれば捨てられてしまう椿の果皮等、椿のすべてを余すことなく活用して完成した3つのアイテムで、肌の角質層までたっぷりの潤いを与える。

古来より五島に自生するヤブツバキを活用し、自社農園での栽培から収穫、製造、発送にいたるまで、すべてを一貫して島民の丁寧な手作業でおこなうサステナブルなスキンケア化粧品「五島の椿」。

椿の葉 保湿水

産学官民共同の元、原料となる椿の研究から行い、2021年の9月に発売した“椿の葉 保湿水”は「サステナブルコスメアワード2022」(※)において「審査員賞 地方創生部門」を受賞。

(公財)日本環境協会エコマーク事務局の協力の下で策定されたSDGs視点をベースとした評価基準をもとに、成分をはじめ原料生産・製造・販売・流通・消費・廃棄といったあらゆるプロセスを含めた製品のライフサイクル全体を通じて評価を受けた。

※環境省の森里川海アンバサダーでもあるアクティビストチームMOTHER EARTHが主催する「人にも地球にもやさしいコスメ」を表彰するアワード。

好評につき新工場設立 地元での雇用増

改修前新工場

改修前新工場

五島の椿シリーズの需要拡大に伴い、五島の椿は長崎県五島市に新工場を設立。かねてより化粧品原料の製造なども行ってきたが、需要拡大により新たに改修を重ね、今年8月に長崎県からの許可のもと稼働を開始している。この工場では椿の葉 保湿水の製造を行う。

また、新工場の設立に伴い6月から求人を開始し、正社員、パートターマーと合わせて15名の増加を見込んでいる。

五島の椿株式会社は、五島列島の大切な資源である「椿」を中心とした産業と雇用を創出し、島の持続的な発展に貢献するという理念を掲げ、2018年に長崎県五島市に設立された。

企業利益だけを追求すれば、島外の実績ある企業に外注することで、より低コストでの製品化は可能。しかし、それでは「島に新しい産業と雇用を産む」ことができない。

「島の自然由来の素材にこだわり、島の人が、島の工場で、島らしい商品を、丁寧な手しごとでつくる」このことが島発の商品の大切な価値なのだと確信し事業を進めてきた。

椿に関する研究成果や椿の価値を島の人たちと共有し相互に連携を図ることで、お客様のニーズに合った商品づくりを行い、島外に発信していくことを目指す。

島の椿農園、管理人

島の椿農園、管理人

公式Instagramでプレゼントキャンペーン

▼プレゼント
五島の椿シリーズ3点セット(椿の葉 保湿水 150ml、椿酵母オイル/フェイス 30ml、椿酵母せっけん 60g)を、5名様にプレゼント

▼プレゼントキャンペーン期間
2023年9月1日(金)〜10日(日)24:00

▼応募方法
(1)五島の椿株式会社の公式Instagramをフォロー
(2)累計出荷数25万個突破 プレゼントキャンペーン投稿に「いいね」

▼参加条件
Instagramアカウントを持っていれば誰でも応募可能。ただし非公開アカウントは対象外。

「五島の椿」スキンケア商品

椿の葉 保湿水 3800円(150 mL)

椿の葉 保湿水

五島列島には1000万本以上の椿が自生していると言われ、その数は日本一を誇る。しかし、活用されている椿は1%に留まっており、その活用方法は実の種を絞ってつくられる椿油だけだった。

そこで五島の椿株式会社は、年中青々と茂っている、艶やかで分厚い椿の葉に「何かチカラがあるに違いない」と考え、9年もの歳月をかけて研究を重ねた。

そして椿の葉の力を最大限に活用して生まれたのが「椿の葉 保湿水」だ。 椿の葉から低温真空蒸留法でじっくり抽出した「ヤブツバキテルペン」(ツバキ葉水/保湿)が肌への水分浸透を促し、乾燥から守ってくれる。

また、椿の花から採れた「椿酵母」(サッカロミセスセレビシアエエキス/整肌)のエキスが潤いを高め、乾燥小ジワを目立たなくして(効能評価試験済み)「ふっくら肌」に導く。

使用する原料は、すべて五島の椿と自然植物由来で合成添加物は一切使用しておらず、自然由来指数100%。(水を含むISO16128 準拠/パッチテスト試験済)

椿酵母オイル/フェイス 4950円(30mL)

椿酵母オイル

オレイン酸が豊富な椿100%オイルに、最先端の技術で抽出した「椿酵母エキス」「椿葉クチクラ」(ツバキ葉ロウ/保湿)を配合。ブースターとしても、乳液・クリームの代わりとしても使え、お肌の乾燥をケア。伸びが良くサラッとした使い心地で、使い続けることに透明感のある明るく晴れやかな印象へと導く。

椿酵母せっけん 1800円(60g)

椿酵母せっけん

椿由来の自然のスクラブと天然の洗浄成分が、ごわつきやくすみを取り除いてくれるすぐれもの。ブランド独自成分である、世界初(※)潤い成分「椿葉クチクラ」が肌の潤いを守り、洗ったあともしっとり感が持続する。おどろくほど泡立ちがよい高密度の泡で、洗いあがりは透明感のあるつるんとした肌へ。

※化粧品原料として椿の葉クチクラを世界ではじめて国際表示名称であるINCI名(Camellia Japonica Leaf Wax)として2017年3月9日登録。

お問い合わせ先/五島の椿株式会社
https://www.gotonotsubaki.co.jp/

※掲載している情報は、2023年9月5日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends