エシカルインフルエンサーが集う「ELEMINIST MEET Vol.1”FOOD”」アフターレポート【後編】

2023年7月28日に、表参道駅からほど近い「ライトボックススタジオ青山」を会場にエシカル・インフルエンサーイベント「ELEMINIST MEET Vol.1」が開催。後編はELEMINISTの読者コミュニティ、ELEMINIST followersの感想を中心にお届けする。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.08.31
FASHION
編集部オリジナル

今春も続々登場!リサイクル素材「エコペット®」でできた最新ファッション

Promotion

エシカルなフードを体感したELEMINIST followersの感想

ELEMINIST MEETの会場

さまざまなエシカルな取り組みをしているフードブランドが集結したELEMINIST MEET。ふだんは会うことのできないつくり手と直接コミュニケーションがとれる機会となった。サステナブルな暮らしやトレンドに関して感度が高く、日々エシカルなアクションを実践しているELEMINIST followersは、どんなことを感じたのだろうか。

※ELEMINSTの読者からなる公認コミュニティ

エシカルインフルエンサーが集う「ELEMINIST MEET Vol.1”FOOD”」アフターレポート【前編】

関連記事

生産する方とのコミュニケーションが大事だと実感

ELEMINIST followersメンバー

「ふだんウェブでしか見られない商品について、気になることを直接聞けたのがうれしかったですし、どういう方が生産に携わっているかが見られるのも大事だなと思いました。コミュニュケーションが取れるのは、リアルなイベントならではのいい点ですね。

実家が農家ということもあり、昔からフードロスは根深い問題だという認識があるんです。でもこの問題を気軽に伝えることって難しいですよね。Oisixさんみたいな大きな会社がこういう取り組みをしてくれると、私たち消費者も触れやすいし、重く捉えすぎずに知ることができるので、とてもいいと思いました」

体験しながら話を聞けるのがイベントのいいところ

ELEMINIST followersのメンバー

「実際に食を体験しながら、どういう過程でこれらができあがったのかを密に聞けました。とくにスーパーで買えないものを試せたのはよかったですね。JAZZ™りんごがワックスを使用していないと知り、もっと見た目よりも中身を見て買う人が増えたらいいなと思いました。あと、RESIZESTYLEさんの青汁は栄養を残すようにコールドプレス製法でつくられていると聞き、ちゃんと手間暇がかけられているんだなと感心しました」

「スタンプラリーがあったのがよかったですね。ZENBさんは定期購入しているので必ず見ようと思っていましたが、知らないメーカーだとなかなか目が向かないので、イベントをくまなく全部回るきっかけになりました」

スタンプラリーのチラシ

各ブースを楽しんでもらえるように用意したスタンプラリーシート。スタンプをすべて集めると、ELEMINST SHOPで使える10%割引クーポンがもらえる仕組みだ

初めて知るブランドもあって購入の幅が広がりそう

ELEMINIST followersのメンバー

「出展しているブランドさんは8割愛用しているものだったので、さすがELEMINISTだな、と思いました。Oisixさんではヴィーガンのミールキットを買ったことはあったんですが、フードロス削減のためのブランドがあることは知らなかったので、『そんなことまでしているんだ!』とびっくりしました」

「私は逆に8割を知らなかったんですが、こんなに身近にヴィーガンやエシカルフードがあるんだということが知れてよかったです。ヴィーガンのものって代用品というイメージがあったんですが、要らないものを減らしてシンプルにしているものだという捉え方もあるんですね。原材料表示を見ても、よくわからないようなカタカナのものがないし、食品添加物が入っていないものを知ることができたので、これから購入の選択肢が広がりそうです」

ふだんは聞けないような話をじっくりと聞けた

ELEMINIST followersのメンバー

「出店ブランドの数が、最初は少ないかなと思ったんです。でもじっくりとお話が聞けたので、結果的にちょうど良かったと思いました。ふだんはヴィーガンのスイーツを販売したりレシピ動画を発信する仕事をしています。基本現場主義なので、あまりオンラインで情報を収集しないので、実店舗で売っていないブランドさんは知らないことが多いんですね。今回はいろんなブランドさんを知ることができたので良かったです」

環境に配慮したブランドばかりで共感

ELEMINIST followersのメンバー

「環境のことに配慮したブランドさんが集まっていらっしゃって、自分の思いに共感するところが多かったので良かったです。みなさん親切に教えてくださったので、とても勉強になりました。
以前にも植物性のチーズを食べたことはあったのですが、『Violife』のチーズは本当に動物性のチーズのようで感動しました! 身近なスーパーで販売しているとのことなので、これはリピートしたいですね」

環境に関心のある人たちが集まり仲間意識が芽生えた

ELEMINIST followersのメンバー

「ELEMINISTのイベントということで、ここに集っているブランドさんたちがみんなエシカルやサステナブルの分野に感心がある方なんだなと思うと、仲間意識が芽生えるというか、アットホームな感じがします。メーカーさんとELEMINIST followersの間だけではなく、ELEMINIST followers同士でも、同じような価値観の人とつながれる場になったと思います。僕も実際に共通の知り合いを通して仲間を紹介してもらいました。楽しかったです!」

生産背景を知ることができて購入する楽しみが増えた

ELEMINIST followersのメンバー

「ネット上の文字だけで見ても、なかなかよくわからなかったり、正直半信半疑だったりすることが多いんですよね。でもこのイベントでみなさんが、すごくこだわりを持っていらっしゃることを楽しそうにお話してくれましたし、生産の背景も知ることができたので良かったです。こんな原材料からこんなものが生まれるんだ!という驚きを各ブースで感じました。
ふだんから納得したものを選択して購入したいという思いをもっているので、今回新しいものを知ることができて、ものを消費する時の楽しみを見つけることができました」

話し、体験し、考えをわかち合いながら未来をつくる場“ELEMINIST MEET”

対面のイベントが本格的に復活する中、直接話し、体験し、考えをわかち合うことの大切さを改めて実感することができた今回のイベントは、つくり手と受け手の双方にとって大きな意義のある場所となった。また前述のELEMINIST followersのコメントでもあったとおり、出展者とELEMINIST followersの間のみならず、参加者同士やフードブラント同士との交流にもつながり、会場は終始幸せな笑顔で満たされていた。

この輪がさらに広がるようVol.2も計画中なので、乞うご期待を!

ELEMINIST followersメンバーのお子様

ライトボックススタジオ青山

執筆/河辺さや香 編集/後藤未央(ELEMINIST編集部)

※掲載している情報は、2023年8月31日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends