FASHION

残り物には福がある 「ロペ エターナル」が残布を使った再生プロジェクト始動

ファッションブランド「ロペ エターナル」は、残布を使った再生プロジェクトを始動させた。今回セカンドコレクションとして発表されたのは絹織物のバッグ2種。手間がかかることから消えてしまった絹織物の素材、手法を次世代に受け継ぐために「つなぐ」をテーマとしたアイテムを生み出している。

2020.07.08

ロペ エターナル、残布を新しい商品に生まれ変わらせる再生プロジェクト始動

プロジェクト商品を持つ3人の女性

アパレルブランド「ROPE’ E’TERNEL(ロペ エターナル)」は、循環型ファッションへ向けた取り組みの一環として、過去のコレクションの残布を無駄にしないための再生プロジェクト「FROM LEFTOVER FABRICS -OUR UPCYCLE PROJECT」を始動させた。

7月7日(火)より公式オンラインストアとアトレ恵比寿西館店での展示販売を同時に開始。残布という特性から、ごく少量のリミテッドエディションとなり、月に一度新作を発表しながら全4回の期間限定コレクションとなる。

今回リリースしたセカンドコレクションは、絹織物のバッグ。折り紙のようにコンパクトに折りたためるシルクノイルの「Tie」と、U型シルエットのシルクノイルデニムの「Love U」、2種が発表された。

「絆、つながり」をテーマにした2種のバッグコレクション

「Tie」コレクションは“結ぶ”と“絆”をテーマにしている。江戸時代に風呂敷を西洋バッグに模したのが発祥と言われる「あづま袋」に着想を得た折り紙のようなバッグ。バッグの底に正方形の面をつくり、使いやすさと強度を兼ね備えた。
Tie Bag 4サイズ

Tie Bag 全3色 (左から)Large 4,000円/Medium 3,500円/Small 2,500円/Mini 1,500円

カゴバッグの内袋に使うTie Bag

エコバッグや、カゴバッグの内袋としても重宝。包んで、結んで、大切に扱う風呂敷文化を生かした知恵の賜物を、絹織物で仕立てている。
Love U3種

Love U 全4色 (左から)Purse Mini 2,000円/Purse 3,000円/Tote 5,000円

「Love U」コレクションは、U型の形と“Love You”をかけたネーミングであり「Tie」コレクション同様に“つながりを大切に”という意味が込められている。トートバッグはショルダーストラップとバッグ本体の周囲、持ち手と内ポケットの周囲が同寸で、それぞれ「U」がつながって円を描いている。

トートもパースも便利な内ポケットがついて、お揃いで使える工夫が凝らされたサイズ感だ。

古きよき素材と手法を次世代へ 「シルクノイル」の素材の魅力

今回の2コレクションに使われている素材はどちらも日本ではほとんど生産されなくなった絹織物だ。昔は当たり前に存在していたが、いまは手間がかかることから珍しい存在となってしまった。ロペ エターナルでは、こうした素材や手法を次世代につないでいくことをコンセプトにプロジェクトを進めている。

シルクノイルは尾州の機屋と共同開発した素材で、時間をかけて紡いだネップ調の糸をつくって織られる。アンティークのような風合いは、まるでずっと使い込んできたかのような肌馴染みで、趣のあるカラートーンも魅力をプラスしている。

シルクノイルデニムは、紡ぐ際に生じる短繊維やワタを再利用しており、その過程からエコシルクと呼ばれている。コットンのような素朴で自然なやさしい風合いが魅力のデニム素材だ。こだわりの色は京都で染色している。

ロペ エターナルの知恵と技を結集したこのコレクションは、新しい生活様式を快適に毎日を明るく彩るものであってほしいという願いが込められている。

問い合わせ先/ロペ エターナル
https://www.rope-jp.com/rope_eternel/
※掲載している情報は、2020年7月8日時点のものです。