「Ziploc RECYCLE PROGRAM」新ロゴデザインのアイカサ 東急東横線・田園都市線沿線で貸し出し開始

新ロゴデザインのアイカサ

旭化成ホームプロダクツ株式会社が展開する「Ziploc RECYCLE PROGRAM」において、ジップロック®︎をリサイクルしたシェアリング傘「アイカサ」が、ジップロック®の商品ロゴ刷新にあたり、新たなジップロック®リサイクル傘に生まれ変わり、展開がスタートした。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.06.23
SOCIETY
学び

エシカルマーケティングとは? メリットや実例をわかりやすく紹介

新ロゴデザインのシェアリング傘「アイカサ」東急東横線・田園都市線沿線に貸し出しスポット

新ロゴデザイン

旭化成ホームプロダクツ株式会社が、循環型社会の実現を目指し2020年より開始した 「Ziploc RECYCLE PROGRAM」では、リサイクルパートナーであるテラサイクルジャパン合同会社、デザインを監修する株式会社ビームス、アイカサを運用する株式会社Nature Innovation Groupと協働し、ジップロック®︎をリサイクルしたシェアリング傘を都内各所にて展開してきた。

今回、ジップロック®の商品ロゴ刷新にあたり、新たなジップロック®リサイクル傘を製作。引き続きBEAMS COUTURE監修の新ロゴデザインに加え、リサイクル素材配合を変えてよりサステナブルな傘に生まれ変わった。

貸出スポット

この新ジップロック®リサイクル傘を、6月中旬より、東急東横線・田園都市線沿線の傘シェアリングサービス「アイカサ」貸し出しスポットにて展開を開始。

急な雨でも、近くのスポットで傘を借りて、好きなスポットで返せるため、傘がいろんな街や人を渡ることで循環型社会を目指した取り組みと想いが多くの方へ届くよう運営をしていきたいとしている。

「Ziploc RECYCLE PROGRAM」とは

2020年に開始した「Ziploc RECYCLE PROGRAM」は、一般家庭から使用済みのジップロック®を回収し、別のプラスチック製品につくり替えることで廃プラスチック問題の解決に貢献する活動だ。

第一弾では、年間8000万本(※1)も消費されるビニール傘の廃棄問題に着目し、ジップロック®バッグをリサイクルした傘をシェアリングサービスに活用する活動、第二弾では、使用済みのジップロック®コンテナーをごみ拾いトングのグリップ部分にリサイクルし、海岸や河原などのエコクリーン活動団体への寄贈活動・ごみ拾いイベント開催などを行ってきた。

今回は、第一弾で製作したジップロック®リサイクル傘がBEAMS COUTURE監修のもと、新ロゴデザインとなり新たに登場。新しいジップロック®リサイクル傘は、東急東横線・田園都市線沿線の「アイカサ」にて展開を開始している。

旭化成ホームプロダクツは、100年後の暮らしを守るため、このプログラムを通して、誰もが未来づくりに参画できる場の提供と、持続可能な環境・社会の実現を目指していくとしている。

※1:環境へ与える傘の廃棄問題 Environmental issue of Umbrella(サレジオ工業高等専門学校 デザイン学科 価値創造研究室)

よりサステナブルに進化した「新ジップロック®リサイクル傘」

今回製作した新たなジップロック®リサイクル傘の傘布も100%ジップロック®素材でできている。工場ロス品に一般回収の使用済みジップロック®の配合率を増やすことで、よりサステナブルな傘に仕上がっている。

一般家庭より回収したジップロック®を使用することで、異物の混入が多くなり、フィルム成膜における難易度が上がることが予想されたものの、ジップロック®の材質自体が頑丈であったこと、さらには回収時の洗浄の徹底やリサイクル工場の高い成膜技術により実現できた。

また、100%リサイクル素材であるため、傘一本一本にジップロック®のジッパー部分の色味が出ていることも、ジップロック®リサイクル傘の特徴となっている。

使用済みジップロック®の回収フロー

回収フロー

※使用済みのジップロック®は、2kgから回収が可能。
(フリーザーバッグ1枚あたり=5〜10g、スクリューロック®1個あたり=40〜50g)

※集荷したジップロック®は、一定量が集まるまで数ヶ月倉庫に保管されます。保管中の衛生管理のためにも、ジップロック®​の汚れを完全に落としてから集荷依頼をしていただきますようお願いします。

使用済みジップロック®のリサイクルフローについて

リサイクルフロー

QRコードを読見込んでレンタル&返却

傘レンタルアイカサのビジュアル

公式アプリで、アイカサの傘立てにあるQRコードを読み込むことでレンタル&返却ができる。

「Ziploc RECYCLE PROGRAM」のこれまでの取り組み

■2020年7月「Ziploc RECYCLE PROGRAM」始動

アイカサ

ジップロック® ・テラサイクル・アイカサ・ BEAMS COUTUREの4者協働でジップロック®をリサイクルした傘のシェアリングサービスを運用開始。この時に製作されたジップロック®リサイクル傘は、デザイン賞(Monocle Design Awards 2021)を受賞した。

■2022年7月「Ziploc RECYCLE PROGRAM」第二弾 ジップロック®コンテナーをリサイクルした「ごみ拾いトング」を製作

ごみ拾いトングなどごみ拾いイベントのグッズ

使用済みジップロック®コンテナーのリサイクル素材をごみ拾いトングのグリップ部分に採用。ディズニーデザインを施した「魔法のジップロック®トング」を数量限定で製作し、海洋ごみ問題に向き合う海浜清掃SDGsゲームイベントを開催した。 スタッフユニフォームやゲームに使用したカードケースはBEAMS COUTUREがデザインしている。

■2022年10月~ 女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」とのクリーン活動

スタジアム周辺やホームタウンを、ジップロック®のごみ拾いトングを使って選手や地域の方と一緒に綺麗にするクリーン活動を実施。これまでに、日テレ・東京ヴェルディベレーザ、ちふれASエルフェン埼玉、INAC神戸レオネッサ、マイナビ仙台レディースの選手たちも参加した。

お問い合わせ先/旭化成ホームプロダクツ株式会社
https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/sustainability/

※掲載している情報は、2023年6月23日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends